芸協寄席 in 長円寺会館

笑福亭希光 秘伝書(のぞみとひかり?) 

桂たか治 強情灸

桂宮治 お菊の皿

神田京子 源平盛衰記~青葉の笛~

春風亭柳橋 権助芝居

~二代目三笑亭夢丸襲名・真打昇進披露口上~

三遊亭遊雀 初天神

桧山うめ吉 俗曲/踊り「奴さん」

三笑亭夢丸 身投げ屋

うめ吉さんを見られるとうれしい。目も耳も ♡ になっちゃいます。
私もああいう弾き唄いがしてみたいな。。。

遊雀さんの初天神はずるいよね~。面白すぎるんだもの。
何度も聞いているけど、聞くたびに、飽きるどころか、
むしろこちらの脳内で笑いが増幅してしまいます。。。「よい子は、ここまでっ!!」

京子先生! 華やかです。先日は陽子先生にお世話になりましたが、
いつか「平家」を私が文学講座でやって「ダブルきょうこの会」なんて……できたらいいな。

宮治さん。高座からはみ出そうなお菊さん。
お皿の数え方が秀逸でしたね。動きがキレッキレ(笑)。楽しかったです。

夢丸さん。落語家さんらしい風情のある高座姿。まだお若いのですよね~。楽しみです。

柳橋師がどーんと構えての口上。不慣れでとっちらかった感じの京子先生がキュート。
遊雀さん、こういうのは苦手っていう風情が、かえって客としてはにやにや。
それにしても、宮治さんは、何しても「切れる」人みたい。まだ二つ目って、とても思えないです。

二人体制の前座さん。がんばるのだよ、って。ここはもう親戚のおばさんモードで、見守ってます。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR