長唄 吉住会 名古屋公演 in 中電ホール

カチカチ山/ほうじの茶/四季の山姥

時雨西行/猿賄/船弁慶

DSC_0166.jpgDSC_0165.jpg
プロの会なので、舞台の写真は遠慮しております……。華やかで、素敵でした。

改めて、小位政先生の唄は素敵だ。。。なんつーかな、あの色香は。上品で潤いがあって。
終演後に私にお声をかけてくださったのも、うれしいことでした。
唄の邪魔にならないように、かつ聞いている方にわかりやすいように、と
文章を綴ってみましたが、いかがでしたでしょうか……。

中央公論新社の大橋社長、おはなしがとても巧み。声も良くて、芸人さん顔負けです。
落語や長唄についてとてもわかりやすく話してくださったあと、
拙作「音わざ吹き寄せ」を絶賛してくださり、
「一つだけ残念なことが……これは我が社の本ではない」と絶妙なオチ。
ありがとうございました。
圓満さん、古(いにしえ)の落語家さんとその出囃子を次々と。
豪華な気分になりました。

最後の船弁慶は、大迫力。フルオーケストラな風情。

DSC_0164.jpg
なんと! ホール玄関に、師匠・鈴木輝一郎氏から、お花。
本当にまめで優しい師匠であります。ありがとうございます。

終演後は、いろんな方とごいっしょさせていただき、とても楽しい時間でした。
大橋氏、「奥山さんの次の新刊、しっかり売りますよ!!」と力強く言ってくださった。。
もう一息です、がんばります。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR