FC2ブログ

姫といっしょ。

姫は、何か「箱」が届くと、必ず中をお改めになります。
何となく、「捨て猫さま」になられたようで、乳母やである私には面白いのです。

すてねこごっこ.jpg
「乳母や、また捨て猫ごっこをしようと言うておるな。しかたない。つき合うてやる」
 姫、かたじけのう存じます。
すてねこごっこ2.jpg
「早う拾わぬか。面倒じゃのう。早う拾わぬと自ら出るぞよ」
 恐れ入ります。それでは。。。

あんにゅい姫.jpg
「全く。手間のかかる乳母やじゃのう」

スポンサーサイト



プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR