10年目。

大姫が我が家へ来てまる九年が経ちました。DSC_0143まわた十年目に突入。
DSC_0142まわたカメラを向けるといつもっそっぽで、
こんなふうにしか撮れないことがほとんど。一番上のは、これでも奇跡の一枚に近いかも。
チャームポイントは立派な尻尾。実は体が小さいのですけど。DSC_0141まわた
ちょっと神経質でひどく人見知りですが、後から来た若のことも、ちい姫のことも、
ゆっくり受け入れて、それなりの距離を取ってくれる、我が家の女主人です。
DSC_0144あずさちい姫はいつだってカメラ目線OK。
大姫が絶対にしてくれないお客様へのおもてなしは、ちい姫の担当です。さすがあめしょだ。

どんなに頭の中が「わーっ!」っとなってしまっても、
姫たちを見るととりあえず「ふわっ」とできます。ありがたいことです。
大姫、これからもよろしくね(乳母やとはもう「大年増」同士だし)。
もちろん、ちい姫も。こちらはまだ若いんだよね。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR