HARUNO 三番勝負 in ひまわりホール

春野恵子さんの浪曲の会。
三味線は一風亭初月さん。
三回目です。

天狗の女房

両国夫婦花火

天狗の女房、興味深いぞ……こういう話がきっと地方のあちこちに伝わっていたんだろうなって思います。
こういうのもあるんですね。奥が深い。
ちょっと、「変換」したくなる……モノカキ根性が、ざわざわします。

夫婦花火は……うーん、曲はの盛り上がりとかはいろんなバージョンがあって、
楽しく聞きましたが……。
いくらなんでもプロットに無理と省略がありすぎるんじゃ、なかろうか……って
ついつい思ってしまうのは、私が時代物を書くのを生業にしているせいなんだろうな。

なんにせよ、浪曲、ずいぶん興味が湧いてきました。
どこまでも裏声を使わず、限界まで地声で伸び続ける恵子さんの声が素敵です。
初月さんの三味線も、かっこいいし。
楽器の生かし方、浄瑠璃や長唄とは違う魅力があります。
機会があったらまた聴こう。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR