柳家喜多八独演会 in 県芸中リハーサル室

柳家喜多八 筍/鰻の幇間
                 ~仲入り
喜多八 寝床

秘密結社みたいな(笑)、通好みの会です。
(お客さんは大入りなのですが、雰囲気が、そんな感じなのです)

マクラで、お若い頃の不愉快な思い出。さもありなん。
「芸」で身を立てる者、そうそうきれい事じゃあ済まないことも多いでしょうし。
私もひよこモノカキ芸人として、「あるある」感のあるお話。

噺の方は。
今日は好きな噺ばっかりーー!!
(付き馬とか鰻の幇間とか、実はサギっぽい噺が好きだったりします)
しかも、筍と鰻の幇間は、とりわけ喜多八さんで聴きたい系の噺たち。
寝床、「おお! そこでそうくるのか!」がいっぱいありました。

喜多八さん、いかにも、「東京の芸人さん」という風情が濃厚にある方で、
モノカキにはいろいろ、面白いだけでなく、勉強にもなります。

七月には「教育委員会」もありますね、楽しみです。

付けたり:終演後にベルギービールウィークエンドで一杯。
グーデン・カロルス・ホップシンヨール
落語が楽しいとビールがいっそうおいしい。
スポンサーサイト
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR