FC2ブログ

昨夜の大河。(T-T)。

慶勝さま
そりゃ聞こえませぬわぃな。。。

俳優としての小宮さんはけっこう味があって好きなんですけども(ずっと前に相棒で落語家さんの役とかされていたときなんて、とっても良かった……)

慶勝さまが、長州行くためにかなりいろんなことを準備されていらしたことは、研究者の先生方がずいぶんここ数年でたくさん指摘していらっしゃいます。カメラの扱い方も、なんだかな。

高須四兄弟で大河! って叫びたいけど、うちの市長さんは全然慶勝さまにはご興味ないみたいだし。。
名古屋城には義直ゾーンと宗春ゾーンはあるけど、慶勝ゾーンはないし。
いろんな撮影機材置いて記念の写真や動画の撮り放題コーナー作ったらいいのにな。
慶勝さまの写真の腕は、当時なら、プロの写真師を入れても、たぶん日本でトップクラス。
ご自身で研究も尽くされておいででしたし。
慶喜さんは、趣味程度だと思う。。。腕前の差は歴然! 足下にも及ばないです(`ε´)。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

「すててこ 寄席品川清洲亭二」8/21発売です。

よまにゃ
どうぞよろしく =^_^=。

書影はもう少しお待ちください。
「よまにゃ」がご案内します。集英社文庫の新刊頁はこちら。
各ネット書店では既にご予約承っております。

清洲亭に幽霊が?
弁慶さんが頑なに弟子を取らない切ない理由とは。

清吉のこれからを案じるおふみ、弁良坊。

ちゃるごろを抱えて徘徊するおよし。途方に暮れる留吉は。

清洲亭に乗り込んできた若い女義太夫。さあ秀八、どうするどうする?

おえいの団子屋、閉店の危機!?

season2、てんやわんやです。。。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

灼熱のベランダ。

むくげ2 むくげ1
がんばってくれている子たち。
かろうじて木槿の花は涼しげですが、でも心なしか例年よりちょっと元気なさげ。

名古屋、岐阜、暑すぎる。

自宅は名古屋のかなり都心部にあるので、観測所の公式発表より必ず数度高い。
ベランダなんて、40度越えです。

こうなると、、、着物が、着られない。
絽だろうと紗だろうと麻だろうと、帯締めたら暑いのです。。
38度予想の日に着物着る勇気は出ない。

なので、近頃よく洋服で出没しております。
今日も落語会あるけど。。浴衣。。も、なぁ。
夜の栄は猛烈に暑いのです。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

合掌。

好きだった、大岡越前。
DSC_0931.jpg
ガラケーの頃は、着メロにあの山下毅雄さんのメロディを使っていた時期が。
(ジプシーキングスの「インスピレイション」(勘働き)と交互にしていたかな)

ずっと若い頃、加藤剛さんと栗原小巻さん、お二人が主演のお芝居を見に行った、、確かロシアもので、
テレビとはまた違う、すごくナイーブで繊細な加藤さんのお芝居に感動した記憶が。
お芝居の場面はよく覚えているのに、なんでタイトル思い出せないんだろう……(+o+)。

声を張っている感じはまったくないのに、すべての台詞が美しく聞こえたなぁ。。。

合掌。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

ちい姫の夏、その1

あずさ7/1の4
乳母や、暑い……。

あずさ7/1の3
あ! 乳父やがなんか良さそうなものを持ってきたぞ!

あずさ7/1の1 あずさ7/1の2

冷たくて気持ちいい!

あずさ7/1の5
元気になってご飯も完食。

姫さまのために用意したわけじゃなかったんですが。。。
(泡のお酒を飲もうとしていた乳父やと乳母やでした)

ちい姫はふだんから手で水をすくって飲むくせがあります。
「やった!」って思ったのでしょう。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR