FC2ブログ

朝日新聞6/27夕刊です。

朝日新聞6/27
写真入りで載せてもらえると思ってなかった……。
わりといいかなこの写真。
背景、実は自宅の仕事場です。
(記事、クリックすると大きくなります)

研究者時代との連続性を見つけてもらえたのが、「ああ、そうか」と思ったインタビューでした。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

3月~6月までの落語、まとめ

3月からここまで、公私ともに、良いことも悪いことも含めて、どたばた、していたせいで、怠ってしまった落語録。
今となっては詳細なレポは無理なので、せめて行った会、演者さん、演目だけでも、書いておこうと思います。

ちゃんと記憶の新鮮なうちに書くべきところなのですが。。
(慶勝さまに叱られそうな、だめ隠密。。。)

余裕のないとき、不安定なときに、あえてこうした作業をやってみるっていうのも、気持ちが開き直れて、良いのかも知れません
さあて。

3月

桂米團治独演会 in アートピアホール
慶治郎 米揚げ笊(いかき) 米團治 看板のピン 歌之介 悋気の独楽 米團治 たちぎれ線香、青菜

隅田川馬医師独演会 in 大同特殊鋼健保会館
ざる屋、崇徳院、宿屋の富

大名古屋成金 in 丸の内東建ホール
桂宮治 初天神  春風亭昇々 待ちわびて  滝川鯉八 多数決
神田松之丞 天保水滸伝~潮来の遊び  柳亭小痴楽 粗忽長屋

市馬落語集 in 大須演芸場
市若 狸の鯉  市馬 長屋の花見  市童 蛙茶番
市馬 子別れ・下

扇々喬々 in 大須演芸場
柳家あお馬 出来心   入船亭扇辰 紋三郎稲荷   柳家喬太郎 うどん屋
喬太郎 夫婦に乾杯  扇辰 鰍沢

寄席品川清洲亭 出版記念落語会 in 大須演芸場
柳家あお馬 子ほめ  神田松之丞 中村仲蔵  フリートーク 小せん、松之丞、奥山景布子
柳家小せん 品川心中

4月

名古屋で九雀亭 in 円頓寺レピリエ
桂九ノ一 御公家女房  桂九雀 佐々木裁き、紙入れ、桜の宮

喬太郎のラクゴ新世界28 in 電気文化会館ホール
桃月庵ひしもち 転失気  桃月庵白酒 浮世床  柳家喬太郎 縁切り榎
喬太郎 ウルトラのつる  白酒 死神

市馬がゆく in 今池ガスホール
市若 寿限無  市弥 粗忽の釘  市馬 盃の殿様、夢の酒

イマスケ覚醒 古今亭今輔独演会 in じゅうろくプラザ第五研修室
今輔 落語のイドラ、持つべきものは友達、くじ引き将軍

桂宮治・三遊亭兼好 二人会 in 大須演芸場
兼好 湯屋番  宮治 金明竹  宮治 棒鱈  兼好 天災

柳家小せん独演会 in シネマスコーレ
小せん 崇徳院、蒟蒻問答、夜鷹の野ざらし

柳家権太楼・五街道雲助 二人会 in 東別院ホール
柳家さん光 ん廻し  権太楼 家見舞  雲助 死神
雲助 持参金  権太楼 幾代餅

5月

桃月庵白酒独演会 in 今池ガスホール
桃月庵あられ 道灌  白酒 氏子中、厩火事、化物使い

鈴本演芸場 中席夜
柳家あお馬 道灌  柳家かゑる 桃太郎  鏡味千三郎社中 太神楽  五明楼玉之輔 マキシム・ド・呑兵衛
ニックス 漫才  三遊亭歌武蔵 支度部屋外伝  柳家三語楼 ちりとてちん  ダーク広和 奇術
古今亭志ん陽 代書屋  林家二楽 紙切り  柳家小せん 弥次郎

オースのジョー4 古今亭菊之丞独演会 in 大須演芸場
まめ菊 たらちめ  菊之丞 たちきり  
大友 美由奈 三味線弾き唄い 寿限無、猫に小判   菊之丞 井戸の茶碗

6月

歌太郎・松之丞ふたり会 in 愛知県芸術劇場小ホール
神田松之丞 宮本武蔵~狼退治  三遊亭歌太郎 転宅
歌太郎 磯の鮑  松之丞 慶安太平記~鉄誠道人

小太郎とうとう一人vol.2 in 朝日神社
柳家小太郎 目薬、船徳、心眼

わびすりおろしの会2 in 岐阜市民文化センター和室
柳家わさび 釜どろ  月亭遊方 パンチ!パンチ!パンチ!
わさび ステルス

林家花丸独演会 in シネマスコーレ
花丸 時うどん、腕(かいな)喰い、幸助餅

春風亭百栄独演会 in 揚輝荘
百栄 新・生徒の作文、鮑のし、ぞろぞろ、鮨屋水滸伝

  

「乳母や、扇いでやろうか?」
若様、恐れ入り奉りまする。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

その子が司書になりたい理由。

今からもう二〇年以上昔のことになりますが。
私がはじめて、大学で教える非常勤の仕事をいただいた頃のこと。

決して偏差値のすごく高いという学校ではありませんでしたが、
真面目で感じの良い学生さんの多い学校でした。
今はもうないみたいですが、その頃はまだ国文科があって。

中でもとても真面目でよく勉強する一人と、帰り道が一緒になったので、何の気なしに、
「何かつきたい職業があるの?」と尋ねたところ、
「図書館司書」と即答が。
「本好きなんだね」
「はい。でも他にも理由が」
「良かったら教えてくれる?」
「私、ぜんそくなんです。たばこ吸う人がいるところだと働けない。図書館なら絶対だいじょうぶですよね?」

絶句しました。と同時に、猛烈に彼女を応援したいと思いました。
確かに、私がはじめて高校教師になった頃は、まだ職員室の禁煙さえ、大勢ではありませんでした。。。
今ではさすがに、教育現場はほとんど構内禁煙になっているようですが。

それでもまだ、いろんな仕事場で、煙に悩まされている人がいますよね。。。。
(人間関係に響かないよう、吸いたい方が吸える場所も、確保できるといいですが)

今どうしているかな? 彼女。思い通りに、どこかの図書館で働いているといいな。

まわた6/22 あずさ6/22

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

重版御礼~2刷出来! 寄席品川清洲亭

清洲亭2刷 よまにゃ。
清洲亭ナツイチ

ナツのフェアの帯をかけてもらいました。
集英社文庫のキャラはねこなんですね。
「よまにゃ」。しおり、ほしいな。
本屋さんで他の方の御作をどれか、買おうっと。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

一位!(O_O)!

一位!ジュンク堂
「こっちでは一位ですよ!」とわざわざ知らせてくださった方が。
(O_O)!!! ありがとうございます。m(__)m。

がっ!! 良いこともあれば、悪いことも。(>_<)。
長年お世話になっている編集者のお一人が異動!!! これはイタイ。。
彼女とでなければ絶対にできなかった企画がたくさんありました……。うーん。(+o+)。
「御縁が切れるわけではありませんから!!必ず!」
とくださった力強い電話の声を頼りに、気を取り直して、また今日も、こつこつ。
Iさん、本当に本当にこれまでありがとう。(Iさんいなかったらやめてたかも)
そしてこれからもきっと、よろしく。

読んで、書いて……(飲んで(*^_^*)。
モノカキの暮らし、だいたい、毎日、同じです。。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

重版御礼~3刷出来! 『葵の残葉』

葵、3刷嬉しくて言葉も出ない。
書店さんの棚
便せんと封筒を買おうと立ち寄った近所の書店さんの棚。思わず撮ってしまった……。
「葵の残葉」が文芸の6位、そして、「pen+ 名古屋城から始まるカルチャー・クルーズ」が実用の1位。
嬉しくて叫び出しそうに。

気象計
これ、新田次郎文学賞の正賞、「気象計」です。
上から、気温、気圧、湿度がそれぞれ分かります。
なんか、これ、楽しいですよ、眺めるの……。
慶勝さまなら、きっと「毎日定刻に記録を取れ」とご命令をくださるのだろうな。。。
そんな几帳面は無理ですが……。



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

秋の夜長に、NHK.で。

夜カル、夏2

夜カル、夏秋バージョン。
楽しい夜を、ご一緒にいかがでしょう。
お待ちしています。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

NHKテレビ「まるっと!」ご視聴御礼+ ペンプラス!

昨夕のNHK「まるっと! 徳川慶勝のメッセージ」ご覧くださった方々、ありがとうございました。
柴田アナの熱意がうれしい、丁寧に作り込まれたコーナーになっていたかと。
(しかし自分が動いてしゃべっている映像って恥ずかしいですね)。

さてさて、「葵の残葉」からの、スピンオフ短編「名古屋城金鯱哀話」が、
本日発売の「pen+ 名古屋城から始める、名古屋カルチャー・クルーズ」に掲載されています。
詳しい目次などは、こちらの版元さんの頁からごらんください。
名古屋地元の方にも、名古屋観光をご計画中の方にも、魅力的な情報が一杯です。
どうぞよろしくm(__)m。
pen_表紙

重版御礼~7刷出来! 戦国ヒーローズ!!

戦国7刷2 戦国7刷1
こつこつ、7刷、戦国ヒーローズ!!。(この「!」は二つ、です(^_^)v

ナツ読の帯、かけてもらってます。
お若い読者の皆さんに、入門の第一歩を、手助けできれば。
そんな思いで書かれています、集英社みらい文庫の、伝記シリーズ。

夏休みに向けて、世代を超えて、話題にしていただける一冊と、自信を持って、7刷!!
どうぞよろしくお願いいたします。

つボイノリオの聞けば聞くほど 6/5

ラジオに出させていただきました。
(画像なし。ごめんなさい)

(何しゃべったの? 聞きたい。という方はこちらからどうぞ
 今日から一週間くらいは、インターネットで聞けるようです)

つボイさんと言えば、私が中学生の頃から、ラジオのパーソナリティとして、この地域で絶大な人気を誇るカリスマ。
そんな番組に呼んでいただけて、光栄でした。

歴史、お詳しい、つボイさん。ご興味持ってくださったようで、うれしかったです。

明日はテレビにも出ます!
NHK総合「まるっと!」。こちら。
よろしければ、ご覧ください。雨の名古屋城でのロケ、しっとりと良い風情で撮っていただきました。=^_^=。

付記:写真を頂戴しましたので、掲載します。(*^_^*)
聞けば聞くほど
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR