ラクゴ新世界 scene27 in 電気文化会館

ラクゴ新世界27-1

柳家 小太郎 癇癪
柳家 喬太郎 梅津忠兵衛
                 ~ 仲入り
柳家 喬太郎 饅頭こわい

ブログUP.遅れております、申し訳ありません。m(__)m。

癇癪は、喜多八さんで聴いて以来。
演じ手のあまり多くない噺だと思います。
小太郎さんは、ネタのセンスが個性的でとっても楽しみ。
次の一人会はいつかな?

さてさて、喬太郎さんです。

梅津忠兵衛、以前にも聴いてますけど、聴くたびにこちらに発見があるのは、
やはり演者のパワーなんだなー。。。。。

饅頭怖い。。前半、型どおりの饅頭こわいなのに、なぜ喬太郎さんが
なさるとこう面白いのかと思ってましたが。
後半は!!!!! なんとなんと、
ほんとにコワイ(?!)、「そして誰もいなくなった」饅頭怖い。

大爆笑でございました。
そーか、もなかか。。。。

写真に、映画「スプリング、ハズ、カム」のポスターが映っています。
実は、うちにもあるのだ、このポスター(にんまり)。
秘蔵しとこ。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

ゴジラ展 in 名古屋市博物館

行ってきました、ゴジラ展ゴジラ上陸
巨人化 入り口にこんなセット。後ろのパネルをよーく探すと……。
モスラ雲と 雲モスラ 雲ゴジラ ゴジラ雲
(三池敏夫氏筆との噂……すごい!)

ゴジラ着ぐるみ 釈ゴジのスーツ。(「ゴジラ×メカゴジラ」より)
こんな遊びもできます(*゚∀゚*)攻撃中
同行の友人(って、この戦ってる方は私の師匠なのですが……目力で援護射撃をする私。後ろは姉弟子です)
の許可が出たので、掲載しちゃいます=^_^=。

撮影可のポイントも多く、世代を越えて、楽しめます。

9/3までです。名古屋市博物館の頁はこちら。



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

能の旅人 第十二回公演 「融」 in 名古屋能楽堂

能の旅人 能の旅人(裏)

観世喜正師のシテによる「融」

今回の特殊演出「十三段の舞」はとてもとても華やかで……+゚。*(*´∀`*)*。゚+

しかも、その後のトークでそこを丁寧に実演付で解説してくださるという
大サービスの公演。

実在の融の大臣(源融)は、拙作「時平の桜、菅公の梅」にも登場しています。
光源氏のモデルの一人とも。

大貴族の、華やかなりし頃を舞で魅せる。という演目なのだなぁ。。。

「融」、秀吉も好きだったようで、記録で確認できるだけでも、二度、演じています。
(秀吉さんは、王朝ふうの優雅なのがかなりお好きだったみたい。。
 戦国大名とお能の関係に興味のある方はぜひ拙作「太閤の能楽師」を。)

亀崎潮干祭(こちら)
行きましょう!

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

落語教育委員会 in 中電ホール

落語教育委員会
コント 一同

三遊亭けん玉 浮世床

柳家喬太郎 首ったけ
              ~
三遊亭歌武蔵 甲府ぃ

三遊亭兼好 大山詣り

早いもので、喜多八さんが亡くなられてもう丸一年以上……。

ゲストを招いて開催されていた「教育委員会」ですが、
今回から新メンバーが正式加入。

やったね! 兼好さんです(^O^)v。
この方も、ぜひぜひもっと名古屋で聴きたい方のお一人。

コントの和服は、きっと私服? ですよね。
明治の書生山(?)風で、良いな♪

この日は、円谷英二氏のお誕生日だったので、
喬太郎さん、ウルトラネタがくるかな? と思いましたが、そこはからぶり。
首ったけは、女郎の日常が見えます。

歌武蔵さんの甲府ぃ。
押しつけない人情咄。

そして、新メンバーの兼好さん。
大山詣りは、前にも聴いたことがあります。
あとから冷静に考えると、ちょっとやり過ぎな後味の悪さもある咄なのですが、
それを全然感じさせず、あっさり爆笑でやりきってしまうところが、さすがです。
毛を剃る仕草の漫画チックなおもしろさとか、抜群。

次も楽しみにしています。=^_^=。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

お酒日誌7/10~これから飲む酒

グレンモーレンジ キンタ ルバン
「QUINTA」はポルトガル語で「ブドウ園」
「RUBAN」はゲール語で「ルビー」

グレンドロナック 12

ザ・エイキッド グラウス

ウシュクベ リザーヴ

グレンフィディック 15年 ソレラリザーブ

ウシュクベは、ウイスキーの語源(?)なんだそうです。
意味は「生命の水」ですって!(^^)!
ウシュクベ


夜のウイスキーにたどり着くには、昼の原稿! 
がんばりましょう。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

中村鯉朝 in シネマスコーレ /宮治スペシャル in じゅうろくプラザ

up、遅れております、すみません。
二題まとめて。ごめんなさい。

まずは、中村鯉朝から。

滝川鯉朝 夜の店屋物 /品川心中(上)
                         ~仲入り
鯉朝 品川心中(下)

そして、もう一題。
宮治 貞鏡

鵜飼家あられ つる

桂 宮治  強情灸

一龍斎貞鏡 拾い首一万石(上)
                    ~仲入り
貞鏡 拾い首一万石(下)

宮治 船徳

あられさん、初々しかったですね。

宮治さんは、サービス精神旺盛。強情灸は、まゆこ灸? みたいな(笑)。

**以下は、ちょっと、不満を書きます。
(エラそうに。。。ごめんなさいm(__)m)
貞鏡さん個人についてではなくて、東京や大阪じゃない場所で、
講談や浪曲を聴こうとすると、どうしてもこうなるのかな、という、
残念な思いを、書こうと。
なので、貞鏡さんファンの方、どうか怒らないくださいませ。
むしろ、「もっと聴きたいんですよぉ。。」という要望です。。

「聴いたこと無い人が多いかも」「不満もたれちゃうかも」という不安感からなのか、
講談や浪曲を名古屋や岐阜でやる演者さん、「事前解説」が多すぎるのです。

解説はなくていい。最低限でいいです。
潔く、芸そのものを、もっとたっぷり見せてほしい。
たぶん、松之丞さんが人気なのは、客に余計な気を使わず(?)に、
「分からない人はあとからついてきて」って勢いで、芸だけで押してくるからだと、私は思います。

エクスキューズはいらない。
声色、間、たたみかけるパワー……。
芸そのもので、圧倒してほしいです。
その方が、わかんなくても、伝わると思うのです。

修羅場読みってこういうのです、って解説するんじゃなくて、
修羅場読みの出てくる演目をきっちりやってほしいです、ってこと。
切れ場だってね、解説より、実際にやってくれたら、分かるから。

張扇一発で時空を超えるのだって、
実際に演目として体験したら、それで分かる。

繰り返します。解説は、いらないんです。

不満な人は置いてくぞ! くらいの気合いが欲しい。
で、こっちへくるのがこち。いや、客。
あっち行っちゃったやつは、追わなくて良い。

以前、私の会でお願いした、神田陽子先生の吉備津の釜とかは、
講談を全然聴いたことの無い人にも、しっかり届いて、
恐怖と感動をきちんと巻き起こしていました。
そういうのを、聴きたいです。

貞鏡さん、12月のシネマスコーレの独演会、期待してます!!!


テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

水無月の祓えにすること~奨学金今年の分返しました。

大学をやめてから、必ず、6/30には奨学金の返済をしています。
(年払いにしています)

今年も、なんとか自分の芸(筆、口……)で返せたことに、感謝。

なぜそんなにいつまでも返しているのか?
と思われるかもしれませんが、私は、「教職に一定期間就けば返済が免除される」
という規定の、ぎりぎり最後くらいの適用者でした。

つまり、退職して(結局、教職に就いていた期間が規定に足りなかった……)から、
返済が始まったので、まだ返しているのです。
(あのまま教職を今年まで全うしていれば、返済しなくて良かったのだけど……。
 まあこれは、自分の選択です)

でも、もし、あのとき、病気休職→退職、のあと、
自分がそのまま復活できなかったら、
いったいどうなっていたのか? と考えるとぞっとします。

というか、世の中には当然、そういう人もいるはずで。。
そういうとき、学生支援機構は、ただの取り立て機関なのか?
「支援」なんて、してるのか?
最近、サラ金並みの取り立てがされているという報道に接しましたが……。

借りるのがリスキー過ぎる、となれば、これはもはや、
「奨学金」じゃなくて、「ローン」ですもんね。。。。
いきなり、借金背負って社会人になるってことに。

所得の低い世帯の若い世代には、厳しすぎる時代なんじゃ、ないでしょうか。

自分が買わなければ、家に本なんて一冊もなかった。
新人賞をいただいて小説家デビューしたとき、
「すごいね、藤沢周平さんと同じ賞って言ったらご両親はさぞ喜ぶでしょう」
って言われたけど、私の両親は、司馬遼太郎も藤沢周平も池波正太郎も、
読んだことはおろか、名前だって知らないような人たちですから。。。
たぶん、父は、夏目漱石だって一度も読んだことなんか、ないです。

でも、そんな両親のことを、恥じたことはありません。
困ったことは、あるけれど(笑)。

なんか乳母ごちゃごちゃ言ってる。。
ツーショット7/1-2
うるさいよ。
あずさ7/1-5
はいはい、失礼いたしました。

来年も、ちゃんと返せるように! 
さあ、仕事、頑張ろう。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR