桂文我落語百席 in 中電ホール

古川美術館の文学講座、大勢おいでくださってありがとうございました。
脱線、散らかり気味の、拙い話におつきあいくださって、本当に感謝です。
新刊のご予約もたくさんいただきました。ありがとうございました

さて、自分の 高座 講座が終わった後は、
文我さんの高座をゆったり楽しませていただきましょう。

桂 福丸  金明竹

桂 文我  天狗さし

林家花丸  うぬぼれ屋

桂 文我  口入れ屋
                 ~仲入り
桂 文我  吹替息子

福丸さんの金明竹。この言い立てを意味を無視して、ただただ無茶にやっちゃってる感のある方もときどき見かけますが、福丸さんのはとても明瞭。その分、お内儀さんのしどろもどろが際立ちますね。お声も聞きやすいです。

花丸さんの「うぬぼれ屋」は準新作というか、発掘・改作によるもののようです。「寝床・その後」という噺です。 オチがとても良い。日本海の荒波に向かって叫ぶ浄瑠璃! やがて崖を登ってくる赤い大群の正体は???!!! なーんて。

文我さん。天狗さし。お坊さんを捕まえてくるあたりで思い浮かぶ絵面がとてもシュール。笑えます。天狗のすき焼き、食べたら不老長寿になったりして……。
口入れ屋は、江戸だと「引っ越しの夢」。あんまり好きな噺じゃない、と思ってましたが、印象が変わりました。導入部分がしっかりあって、女子衆もどんな人か分かって、さらにお店のディテールも丁寧に描かれます。一人ずつのキャラがちゃんと分かって、「あるかも」感のある、うふふな噺として楽しませていただきました。
吹替息子は、江戸では「干物箱」。道楽若旦那、江戸と上方では、やはり雰囲気が変わりますね。あと、声色の上手なのは、江戸では「貸本屋」さんだったけど、こちらでは「八百屋」さん。なんか理由があるのかな……?

文我さんの会の情報はこちらコアでマニアでディープだけど、あくまで上品。
とどまるところを知らない、落語の素敵な底なし沼を見せてくださる落語家さんです。
こちらのご本もおすすめ。
スポンサーサイト

お気に入り。

 IMG_20141025_102512.jpg IMG_20141027_123641.jpg
かわりばんこにお使いのご様子。良かった良かった。

お酒日誌10/23

レッドアイ

芋焼酎 鉄幹 お湯割り

角ハイボール

竹鶴 ロック

奥山景布子は筆名ですが、そうと気づかない方もあるようです。
先日お目にかかった志の輔師匠のように、名の方の読み方が
「?」なところから、気づいてくださる方もあり。
そんな時はうれしくなります。

オール讀物のアンケートの書き方、分かりづらいかも。ごめんなさい。

いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせす

ここから取ったんです。思いついたのは、学生さんたちに変態変体仮名について講義していたときでした。
IMG_20141014_095120.jpg最後の紫競演。夏から秋を楽しませてくれました。
IMG_20141014_095104.jpg木槿は、椿とともに私の一番好きな花の一、二を争います。。。
我が家のベランダへの適応力では、木槿の勝ちかな? 
今年はもうさすがにお休みです。また来年、よろしくね。

目次公開! 文学講座10/29

10/29の文学講座、こんな内容でお話しする予定です! お楽しみに。

 紫式部は地獄に堕ちた?!~王朝に生きた女性と「信仰」~

0.イントロダクション~才女堕地獄説・落魄説の諸相~
 a、清少納言、紫式部~文才派の場合
 b、小野小町、和泉式部~色恋派の場合
1.平安女性のライフコース
 a、「幸い人」~源倫子(藤原道長妻)、明石君(光源氏妾)
 b、不幸な女……(かどうかは、誰が決める?)
       ~定子(一条天皇皇后)、女三宮(朱雀天皇皇女)、浮舟(薫大将妾)
2.「本人たち」の弁
 a、文才派の証言~紫式部、菅原孝標女(更級日記作者)
 b、色恋派の証言~後深草院二条(とはずがたり作者)

**講師、気合い入っております!=^_^= よろしく。

寧さまの名古屋弁講座その6~すかたらん、やあたらしい~

さて、「太閤の能楽師」における寧さまの名古屋弁。

かなりお話も終盤でございます。

お優しい寧さまですが、やはり、人です、女です。
不愉快な思いを胸のうちにしまっておいでのことも。

261頁「なんだしらん、好かたらんねぇ、あの人らぁは

共通語訳「なんだかよく分からないけど、気に入らないわね、あの人たちは」

場面は、醍醐の花見。茶々や龍子への、冷ややかな視線です。
寧さまにとっては、盟友・おまつさまのご同席が心強かったことでしょう。
さらに。

「まあ、小才らして、やあたらしい」

共通語訳「ほんとに小賢しくて、いやらしい」

「すかたらん」「やあたらしい」は、遠峰あこさん(こんな素敵な方です)もレパートリーに
してくださっている「名古屋名物」の歌詞にも登場します。

もう一つだけ蛇足を。263頁で、暮松新九郎について回想しているところのお言葉について。

気の毒ィことしてまって

意味は共通語でも同じですが、「気の毒」と形容動詞にならずに
「気の毒」と形容詞の活用をしています。これは名古屋弁ではちょくちょくあるようです、
いちばんよく聴かれるのは「横着」=「素行の良くない」「振る舞いが乱暴」、などの例でしょうか。

さて、文章が横着ならないように、ちゃんと勉強をしましょうか。
(ちょっとニュアンスがちがうかな?)

三喬・小せん 二人会 in じゅうろくプラザ

白楊舎 番朝 道灌

柳屋小せん 黄金の大黒

笑福亭三喬 高津の富
                ~仲入り
三 喬  月に群雲

小せん  夜鷹の野ざらし

番朝さんは先日のてんしき杯で準優勝。間近で拝見するとお顔が幼くて、
緊張している様子がよくわかって、がんばれ~って。

三喬さんは、きれいで明朗な上方ことば。江戸落語として何度も聞き、よく知っているつもりの噺でも、
上方の名手が丁寧にやってくださると、新しい発見がある、ということがたびたびありますが、
今回はまさにそんな「高津の富」。なーるほど、がいっぱいでした。もちろん笑いも。

月に叢雲は、新作なんですね-。古典かと思うほどの完成度。「七面観音」「九九八手観音」……。
ちゃんとオチにつながっていて、楽しい。

小せんさんは、とっても心地よい声と抑揚、間をお持ちです。そのあまりの心地よさに、
時々ふっと入ってくる現代語な言い回しが、かえって引き立って、すごくおもしろい。

夜鷹の野ざらしは、小せんさんエディションなんですね。野ざらしだと思って聴いていて、途中からあれ?
どうなるのかな? こうきたかーなるほど。。。。おしまいのどたばた感が、抜群でした。

たっぷり、がっつり、落語聴いたなぁ。。。という満腹な会。ごちそうさまでございました。

せいしょう亭さんの落語情報はこちらバラエティ豊かなラインナップです。

春風亭百栄独演会 in 揚輝荘

春風亭百栄 ホームランの約束 

      鮑のし
                ~仲入り
      疝気の虫
      ロシアンブルー

会場へ向かう道すがら、どう見ても私と相方よりもかなり若い、男女ペアが二組ほど後先にいらっしゃる。
普段の落語会だと、滅多にそういうことはないので、、
「まさか、まさか?」と思っていたら、やはり行く先は同じでした。
さすが、百栄さんの魅力は、こんなふうに浸透しているのだ、と今更感じ入ったりいたします。

ホームランの約束、なんだか「あるある」感満載です。こういう、斜に構えた子ども、かわいくないはずが
百栄さんがやると妙にかわいくて。なんなんだろう。

鮑のし。愛すべき甚兵衛さん。「のしのぽんぽんは!」って。江戸弁の啖呵が、ふわっとした口調で
出てくると、不思議な世界に。ずーっと「うふふ」って笑いどおしです。

次はなんだろう?新作? と思っていたら、なんと疝気の虫。ちょっと前に小太郎さんで聞きましたね。
亡き家元談志師匠のお気に入りの一つだったそうですが。この世の物でない虫が、あやしく、かわいく。
「ちんとととのぱっぱっぱ!」「別荘!」「ない!」

ロシアンブルー。星新一先生のショートショートのような世界。もちろん噺はとってもおもしろいのですが、
「オッドアイのロシアンブルー」を拾う、という設定に、ついつい亡き若と出会ったときのことを思い出して
(若はミックスの純白=^_^=さんでしたが)しまいました。

IMG00541.jpg余を呼んだか? 極楽で安楽にしておるぞ。
IMG_20141016_111849.jpg乳母や今週は遊びすぎ!。

IMG_20141016_111842.jpgお出かけ禁止。
あらら、ちい姫に着ていく物を押さえられてしまいました。。。うーん。

*東京落語の旬を名古屋へ届けてくださる、はじめ亭さん主催の落語会情報はこちらです。

文楽 地方公演 in 名古屋芸術創造センター



曾根崎心中~生玉社前の段/天満屋の段/天神森の段

義経千本桜~道行初音旅

菅原伝授手習鑑~寺入りの段/寺子屋の段

釣女

貴重な名古屋公演。
太棹、いい音だな~。
やはり清治さんのなさるときは、とりわけ、緊張感が違う気がします。

平安時代に寺子屋はないんだけどさっっ。。
いいじゃありませんか、そんなことは。
主従と親子、引き裂かれる心。現代では考えにくい価値観と設定ですが、
それでも、伝わるものは、伝わるのです。

やっぱり大阪に、行きたいね。

お酒日誌10/15

盛りだくさんな一日。感謝感謝。

芋焼酎 げんち お湯割り  寒くなるとやっぱりね。

白ワイン いつもの デ・ボルトリ シャルドネ  
   いつものお店にこの頃ソーヴィニヨン・ブランが置いてない……両方おいてくださいな、店長さん。

ボウ・モア ストレート ちょっとピート。ラフロイグほどではありませんが……。
   この香りが苦手という方もあるようですね。日本のものはあまりこのタイプはないようです。

IMG_20141014_095310.jpgだから。カメラはいやじゃと言っておる。
IMG_20141012_140132.jpgゴマフアザラシじゃないよー。

シェルターのジョー君、トライアルに行ったとのこと(こちら)。
今度こそ、末永くかわいがってもらってね。

大須大道町人祭&フラリエ(ランの館改メ)



去年までは、夜の大須観音での大駱駝艦金粉ショウをメインに行っていたのですが、
今年はあれを「白日のもとで」見てみたいと思い、お昼間の、大光院さまへ。

正解でした。。。
距離が近い。明るい。
皮膚や筋肉の揺らぎ、踊り手さんたちの表情の変化がよく分かって、迫ってきます。

終始、観音さまのほほえみの人。苦行から愉悦まで、表情の変化を見せてくれた人。
この世のものでない、妖精のような人。解放の幸福感をいっぱいに表す人。
女性舞踏手たちの表情がどれもいい。

一方、男性舞踏手たちが魅せてくれるのは、筋肉の揺れと、
背中に輝く文字通り、白玉の露のような汗。踊りが進むにつれ、無数に。
あのきらきらの高揚感は、この距離ならでは、です。

シャボン玉の演出があったり、金粉じゃなくて赤ふんの踊り手が飛び込んできたり
(彼は素肌に留袖を羽織っていて、「ばっ!」と脱いだときのインパクトが! いいね)。

いいもの、見せていただきました。また来年も行こっと。

気分上々で肉食だ! というわけで、昼食にオッソ・ブラジル(ここ)で鳥の丸焼きを買おうとして、
途中、ジャグリングを始めたカップルに眼が止まる。
サブリミット(こんな方々)というペアでした。すごい。きれいでパワフル。
あのバランス技は、今まで見た太神楽やジャグリングなどでも、滅多にないレベルだと思います。

さてさて、いったん自宅に戻り、おいしく鳥さんをいただいた後は、「腹ごなし」ということで、
フラリエ(ここ)まで。
途中、若宮の高架下で演奏していた少年たち、かっこよかったなあ。。。
路上ライブって、ボーカルメインのわりとウエットなものが多いような気がするのですが、
彼らはインストで、硬質で華麗な音をさせてました。。。クールな若い子たち。いいな。
なんて名のバンドか、聞いてくれば良かった。。。

フラリエ、ランの館の頃は有料だったのですが、このたび無料になったのですね。
お庭でビールが飲めます。。これなら散歩に良さそうです。
ショップで見かけたねこのロールふせんを衝動買いして、帰宅。

良い休日でした。




円丈・鯉昇 二人会 in 今池ガスホール



三遊亭ぬう生 上司ホスト

三遊亭円 丈 ぐつぐつ

瀧 川 鯉 昇 二番煎じ
                ~仲入り
鯉  昇     千早ふる

円  丈     みそのかつお(三題噺 ジャガイモ・カープ女子・二世帯ローン)

鯉昇さんのおもしろさってのは、なかなか筆泣かせ。なーんだろう……?
ものすごくひょうひょうと。いったいどこまでかるーいのか? って。
でも、実はこの軽さ、圧倒的にうまい人だから可能なのだと思うのです。
座ってこちらを向いただけで、お客さんが笑い出す。不思議な魅力。
耳をぐーんと引きつけられていると、どーんと転ばされます。この心地よさ。
(「同窓会で校歌を歌うと二小節目からみんなハミング」そうそう、って思ったけど、
 私、高校の校歌、歌詞もメロも全滅で全く覚えていないことを発見しました)

それにしても、今シーズン初、二番煎じ。季節先取りですね。
千早ふる。モンゴルの草原にまで至るスケールだったとは(笑)。

さてさて、円丈師。
ぐつぐつは、何度も聞いてます。小えんさんだと、「ぐつぐつ↓」って音ですが、
円丈師のは「ぐつぐつ↑」って、なんだかかわいくなってしまうのが、おかしい。
聞くたびに違うのが、魅力だな。

3題。やぶれ感を楽しむ、という聴き方もあるのです。落語って幅も懐も、広い。

帰宅途上、コンビニでおでん、買ってしまいました。
いとこんが魚座するかしらん?

**ちょっとだけ文句。(師匠方には一切関係ないことです、念のため)
  一般のお客様が「?」って思うようなことは、しない方がいいと思うんだけどな、
   主催者の方。「楽屋オチ」が見えすぎるのは、嫌味です。




寧さまの名古屋弁講座その5~番外編「どたぁけ!」by秀吉さま~

前回は、とても美しく柔らかい(と、私は思うのですが……)言葉をご紹介しました。
寧さまは、お優しい方ですから。

でも今回は番外編。「太閤の能楽師」、お話の後半で、
太閤さまが、怒りのあまり暮松新九郎に言い放ってしまった、罵り語を取り上げてみます。

寧さまとは違い、太閤さまは、日頃は共通語でお話しされます。
出身地の異なる大勢の家臣を束ねておいでですから。

でも、感情が高ぶると、ぽろっと故郷の言葉が。

232頁「おまえんたらぁは、おみゃあは、一生、儂の気に入るように、
       儂の命令通りに、謡い、舞っとればええんじゃ

共通語訳「おまえたちは、おまえは、(中略)、謡い、舞っておればよい!

「おみゃあ」の複数形は「おまえんたらぁ」。
発音はもう少し「おみゃああんたらぁ」に近いかもしれません。
「てめえぇら」とやると江戸弁ぽくなりますか。呼ばれただけで、「怒ってる怒ってる」ってなりそう。

これが、ご機嫌の良い時なら「おまはんらぁ」と、かなり上方言葉に近い感じになるでしょうね。
「みなさんは」のニュアンス。
河村たかし名古屋市長さんが、記者の皆さんをよくこう呼んでいるように見受けます。

で、さらにお怒りは続き。

232頁「おみゃあの好きになどさせるきゃあ! このどたあけが!

共通語訳「「おまえの好きなようにはさせない。この裏切り者の大馬鹿野郎!

「どたあけ」(漢字で書くなら「ど呆け」です)は、名古屋弁では最大の罵り語です。
馬鹿と阿呆と足してさらに二倍する感じかな。。。側近の立場でこれを言われると、
もうほぼお手討ち覚悟でしょうね。。。
(……でもここは、太閤さま、本当はお寂しかったのだと、作者は思っておりまするが)

この場に寧さまがおいでならば、新九郎のこと、取りなしてくださったのでしょうけれど。
残念ながらそうではないので……。

「気の毒でぇも」

嵐を追いかけて。

月・火と東京へ参りました。

月曜の朝、台風で止まってしまった新幹線にほとほと困りつつ、
動き出すのをじりじりと待って、飛び乗るように。
途中、静岡あたりの川を越えるときは、祈るような思いで。
(被害が出ていますね。。。今年は本当に、どこも大変)

時間に遅れてしまった私を待っていてくださった、
お仕事現場の皆さま、本当に本当に、ありがとうございました。
ご心配とご迷惑をおかけして、本当にすみませんでした。

ここでのお仕事の様子は、また改めてこちらで報告します。
(とっても良いことがありました。。。感謝感激。)

一夜明けた火曜日には、今私が真剣に追いかけている、
とあるイケメン四兄弟さまにお目にかかるための、“小旅行”。
さて、この四兄弟さまは、私の願いを受け入れてくださるでしょうか。。。。

どうにか無事に、昨夜名古屋へ戻ってきましたが。
ここから、「さらに長い旅」に、なりそうです。

IMG_20140916_193059.jpg乳母や、野分が行って、寒うなったぞよ。

柳屋右太楼独演会 in ナディアパーク第一スタジオ

「のめる」

「大岡裁き~三方一両損」
                 ~仲入り
「三枚起請」

祝! 真打昇進決定。
ご本人は「まだだと思ってた」そうですけれども、こちらは「いったいいつ!(`ε´)」っていう
気持ちでいましたから。高座はもうずいぶん前から真打の貫禄ですしね。

第一スタジオは距離が近くて良いのですが
(右太楼さん、マイクなしでしたね、声が聞き取りやすい)、
設営、運営は大変そう。そんな裏話もマクラに入れつつ、和やかに。

とーっても江戸っ子な男二人の噺の後に、すーっごく残念な男三人の噺。
取り合わせがおもしろい。
三枚起請は、私かなり好きな噺の一つ。出てくると「うふふ」になっちゃいます。

実力派、楷書の真打です、間違いなし。
またどうぞ、名古屋で口演してくださいますように。

お酒日誌9/30

シンハービール
シェッファーフォッファー タイのビールにドイツのビール。。。全然違う飲み物みたい。

赤ワイン アレグレメンテ セブンイレブンで買えるのだ。。。家飲みなら、悪くないよ。

黒糖焼酎 里の曙 ロック これは、日本版ラムとでも言うのかな。。けっこうお気に入りです。

「お酒の朝ドラ」が始まりましたね。。。竹鶴は、良いウイスキーです。
以前は、日本のウイスキーってサントリーかニッカ(どちらもレベル高いです)でしたが、
最近は他にもいろいろと参入している、意欲的な酒造があるらしい。。。
肝臓の許す限り、飲んでみたいな。

IMG_20140927_102225.jpg 箱があるととりあえず入ってみたくなる。。。
あらら、姫さま、このお写真は、物の怪チックになってしまいましたね、、、
ジバニャンというお友達(?)が、今お子さんたちに人気だそうですよ。。。
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR