お酒日誌4/22+ねこ日誌

白ワイン ピケラス ソーヴィニヨン・ベルデホ

赤ワイン デ・ボルトリ カベルネ・ソーヴィニヨン

ウィスキー ニッカ Super ロック

ちい姫、正式に我が家への渡御の儀。
花の木シェルター(こちら。)の阪田さんが、我が家に来てくれました。

「あずさ」は「梓」。上梓の「梓」だ。うんうん、この姫ははじめから、うちに縁があったのでしょう。
ちい姫、元気でよく食べて物怖じしないので、ちょっと押され気味な大姫の方が心配ですが、
猫同士の関係も、人と猫との関係も、だんだんと変わっていくということを、
若が教えてくれたからね。
ゆっくり、時間をかけて、一緒に暮らしていきましょう。
IMG00703.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

ちい姫の不覚。

IMG00706.jpgお二人で探検。。。この後、ちい姫が浴槽に落ちて、大騒動になりました。。。

IMG00717.jpg「ああびっくり。姉上、教えてくださらないのだもの」……ご無事で何より、ちい姫。。

IMG00716.jpg「あんなにのぞき込むなんて。好奇心が強すぎるのよ、そなたは」……知らん顔の大姫。

浴槽に入っちゃったのは、我が家の猫さまでは初めてです。。
蓋、気をつけなくちゃ。ちい姫、ごめんなさいね。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

あんにゅい姫たち。

IMG00701.jpg IMG00700.jpg

あったかくなってきましたね。。。
昨日今日と、一度も「しゃー」が聞こえません。。。
のどかだ。。。(^_^)3 

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

ウルトラQ

IMG00695.jpg

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

古今亭今輔 独演会 & 立川こはる独演会 in じゅうろくプラザ

IMG00691.jpg

可愛家書ん坊 代書屋      

古今亭今 輔 だまされたふり作戦/僕の彼女はくの一 
  ~中入り~
   今 輔 ペトロフの決断
南山の落研の彼は「あーかいぶ」と読むらしい。。ちょっと凝り過ぎかも(笑)。
でも、落語はとっても良かった。学生さんとは思えない渋さ。

今輔さん。この方の新作には強烈な「同世代共感」を覚えるのです。
「わーあるある、あるある、ありすぎ」みたいな。
サブカル共有してますよねー、うんうん。昭和40年代生まれの秘密結社ができた気分になります。
なんだろうかこの楽しさは。
   
IMG00692.jpg

鵜飼家もなか お伽村

立川こはる 一文惜しみ(五貫裁き)
  ~仲入り
  こはる 短命

今や一大勢力(?!)の岐大落研女子。もなかさんも、良い味でしたよ。
真面目そうな風貌とのギャップがとても◎。

こはるさん。いよいよ冴え渡るべらんめえ。なのに肝心なイイところで間違っちゃう。。。
のがどうにもたまらない面白さ。性別と年齢を軽々と超えていくのが、素敵です。

せいしょう亭さんの落語会情報はこちら。

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

ねこ日誌4/12

このベッド、私のにしよっと。
IMG00686.jpgそれは譲ってあけるけど、ここは私のよ!(いえいえ、それは乳母やのいすですよ大姫。。。)

だんだん平和になってきました・・・。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

お酒日誌4/11+ねこ日誌

生ビール お気に入り、近所のタイ料理屋さん。すっぱからいものが好きです。

ロック 竹鶴12年。日本のウイスキーは優秀です。

IMG00681.jpg一触即発? いえいえ、お二人とも争いはお嫌いみたい。だんだん、距離が縮まってます。

IMG00685.jpgちい姫、おこたの縁できれいなはこねこポーズを決めてくれました。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

立川談春 独演会 in ナディアパーク

春吾 お化けの気持ち

談春 天災
       ~仲入り
談春 百年目

春吾さん。これ、意表を突いてて、だまされた感満載で、面白いわぁ~。他のネタも聞いてみたいです。

天災は、好きな噺の一つ。談春さんのはそれぞれのキャラが、大げさではないのに引き立ってて、いいですね。

百年目は。。。うーん。落語には「理」でも「情」でもない、「景」っていう聞かせどころがあってもいいと思うのです、私。そういう意味では。。。

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

お酒日誌4/9+ねこ日誌

赤ワイン いつもの デ・ボルトリ シラーズ

白ワイン やっぱりいつもの インドミタ ソーヴィニヨン・ブラン 

IMG00680.jpgちい姫、本棚がお気に召したようです。。。

大姫はかなり落ち着いてきました。問題は、ご飯かな。もともと食の細い大姫は、食べるのが遅くて。
ちい姫が大姫の分まで狙ってます。。。阻止の手段を考えよう。

七転八倒、作中和歌ができたぞ。。。渾身の、珍品(笑)。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

お酒日誌4/8

ベルギービール プリムス

芋焼酎 蔵の神 お湯割り

ザ・グレンリベット ストレート 
 最初はハードチーズでかっこよかったのに(?!)、途中からしるこサンドをつまみにしてしまった。。。

仕事が目一杯だな、、と思う時でも、三味線とお茶はできるだけ休まないように、と思います。
お稽古事って、休みだすと結局仕事でも自分を甘やかし始めるのですよ。。幾度も経験してる、根性なしの自分。
幸い、今はどっちのお稽古もとても楽しいので(先生とお仲間が良いのだ)^o^()。

姫たちは、だんだん落ち着いてきたようです。。
大姫の籠城&「シャー」も減ってきましたし、ちい姫は、爪を切らせてくれました(後ろ足もできた(^O^)v。
しかし、ちい姫の食いしん坊にはびっくり。気持ちの良い食べっぷりです。

さ、今日の加筆修正が、たぶん、ほんとに最後の最後のヤマだぞ。。。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

お酒日誌4/7+ねこ日誌

芋焼酎 蔵の神 お湯割り

ブラックニッカ ハイボール

IMG00675.jpg机の上を探検後、そのままくつろいでるちい姫。。。
IMG00674.jpgクローゼットと天井の間に籠城して警戒中の大姫。。。

うーん、しばらくは見守るしかありませんね。。
ちい姫は大物? と思いましたけど、それでもどうやら彼女なりに緊張している模様です。。
大姫の緊張感は言うまでもありません。

若、極楽から、見ていてくれるかな?

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

ちっちゃくない、ちい姫&押し入れ籠城、大姫

 IMG00667.jpg IMG00664.jpg

猫好きのみなさまへ。
名古屋に、こんな活動をしているところがあります。(こちら。
花の木シェルターさんといいます。
猫と暮らすって、いいかも? とお思いの方。ぜひ、ご一考を。気軽に「お見合い」もできます。

このたび、このシェルターさんから、我が家に姫君をおひとり、「ご内見」にお預かりしました。
支障がなければ、このまま我が家の二の姫としてご滞在いただこうと思います。。

が。

大姫さまがむくれてしまいました。。押し入れから「シャー」とか、お怒りの声。うーん。
まあね。若が来た時も、最初は大変だったものね。

だいじょうぶ。だんだんに、慣れていただきましょう。
若も見守ってくださっていることでしょう。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

お酒日誌4/3 

ベルギービール プリムス

芋焼酎 蔵の神 お湯割り

ハイボール ブラックニッカ

ついつい、竹鶴さんの方が気になっていたのですが、「花子とアン」も面白そうです。
「本が好き」。。。初心に帰って、背筋が伸びた気になりました。

「蔵書」などほとんどない家でしたけど、5才(たぶん)の時に母がしてくれた約束が
「月に1冊ずつなら、好きな本を買ってあげる」。

毎月一度の書店行きが楽しみで楽しみで。
「1冊しか買ってもらえないなら、読めそうな本のうちで一番分厚くて、
 学校の図書館には入ってない本を買ってもらおう」
と、子どもの精一杯の浅知恵。。。
小学校卒業まで、この約束は続いたのかな? 中学からは、自分のお小遣いで買うようになって、
もっぱら文庫本(安いから、、)だった気がします。 懐かしいな。

こうして書く側に回っているって、本当に有り難いこと。
しかも、思いもかけず、児童書の仕事までさせてもらってます。

ちゃんとした仕事を、しなくちゃね。

 

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

墓参り&花見

若の眠るお寺は、名古屋屈指の桜の名所として知られる山崎川から近いところにあります。
こんなお祖師さまのところで、たくさんの動物さんと。
IMG00658.jpgIMG00659.jpg

お参りをして、お花見に。
IMG00660.jpgIMG00661.jpg
前後左右。
花吹雪、散華散華。
気の毒な妹姫をお迎えすることになったから、よろしくね、と。

テーマ : 桜の名所
ジャンル : 地域情報

柿木金助を聞く会&文我百席

更新遅れております。すみません。

柿木金助(その1) / 試し酒

前からぜひ聞きたいと思っていた、金助。ついに始まりました。
まずは、出生~少年期。なーるほど、こういう人か。。。続きは、さあ、どうなるのかな?

午後イチの「金助」と夜の「百席」との間に、早めの夕飯をすませて再び会場へ行きますと、
↓ こんなカードを頂戴しました。

IMG00656.jpg IMG00657.jpg

なんだか、子どもの頃の夏休みのラジオ体操を思い出します。
ラジオ体操の出席はぜーんぜんでしたけど、これは相当はんこ押してもらえそうです(笑)。

さて、百席の方は。

まん我 悋気の独楽

文 我 らくだ
        ~仲入り
三 象 アメリカ人が家にやって来た

文 我 古事記

まん我さん、上方版の悋気の独楽では、女同士のやりとりが面白いのですよね。
丁稚さんのかわいいことは、言うまでも無く。

文我さんの「らくだ」オチまでじっくり。こういう噺いいな。
屑屋さんの「さっぱりワヤやわ」が、個人的に流行りそうです。

「古事記」、どこまでいくのかなーと思っていたら、なるほど、やっぱりここまでね。ま、そうだよね。
イザナキ・イザナミの結婚、「最初に女が言葉を発したのがいけない」の理由は、
いろいろ解釈できるんだけど、成立から考えると
「はじめに賞賛の言葉を奏上されるのは女神でなければならない」からなのだと、
私は思うのだけど、、、どうなんだろう? 
少なくとも、「おしとやかに」ってことでは、ないでしょうね(笑)。
(落語的にはこう言った方が面白いのでしょうが)
アマテラスなんて、弟が来る!って分かった時点で、男装して武装して迎えてるし、
アメノウズメは元祖ストリップだし。

ま、そんなことはどうでもよく、古事記ってお話としてよくできてる+文我さんってホント、
根っからのストーリーテラーなんだって、改めて。

あ、拙作もどうぞ、よろしくね。↓

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR