お酒日誌7/28

ビール

カバ

ハイボール

午後、貴重なお話(詳細は秘密(^x^)を伺ったうえに、貴重な音源を頂戴しました。。。。すごいね、これ。昭和27年の録音です。。。。早速カセットテープ→CD を実行しなくちゃ。

それから、たまに、奥山のことをまだ、大学教員として専任在職中と誤解してくださっている方があるようですが、現在、本務校はありません。名古屋市内および近郊でしたら、非常勤あるいは単発・短期講座など、ご依頼内容によってはお引き受けしております。よろしければ、facebookからアクセスをいただければと存じますm(__)m
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

落語教育委員会番外編 in 中電ホール

コント ロイヤルベビー(?)

林家つる子 手紙無筆

柳家喬太郎 そば清
    ~仲入り
柳家喜多八 抜け雀

三遊亭歌武蔵 稲川

赤ちゃんは喜多八さんだった、、、こういう役が多いですね(笑)。自衛隊な寿限無。。。

つる子さん。なかなか美人。人気出そう。。がんばれ。

喬太郎さん、そば清、座布団の上ではねてた。。。ほんとにこの人はどこから何出してくるかわかんなくて、いいなー。

喜多八さん、抜け雀。お武家さまがね、ほんとに「らしく」って。出の「疲れ姿」はフェイクだって、お客様はみんなわかってるものね。。。

歌武蔵さん、「~ただいまの……」はそれだけでウケる。もう何度も聞いてて、絶対分かってるのに。性格俳優ならぬ、体格落語家。余人を以て代えがたい。十二支知らなかった後輩落語家さんが東西に一人ずつ。。お二人とも、勉強、したかな?

アスターミュージックさんの落語会情報はこちら。 喜多八さん、独演会してほしいんだけどなー。あと、菊之丞さん呼んでくださーい!

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

お酒日誌7/22

スーパードライ エクストラコールド 最近、名古屋でも、カフェでコーヒーを飲むように、ビールの飲めるお店が増えてきた。。有り難い。飲み放題、食べ放題、みたいなのより、こっちの方が、使いやすいな。。。

スパークリング スペインでは「カバ」っていうんですよね。

日中、予想より暑かったせいか、夕飯食べたら一気に睡魔。。。これではいけません。
今日は「ましん」が到着するはず、、「筆が遅い」を少しでも遍昭、、これではお坊様、、返上しよう。 

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

最新の仕事

**日記の最新は、この記事の下にあります**

「音四郎稽古屋日記」シリーズ最新作 掲載です。
ついに明かされる、音四郎、怪我の真相。お楽しみください。

七月号、目次の詳細は→こちら。

**奥山の「これまでの仕事一覧」は→こちら**

**奥山の最新単行本情報2点↓**
最新刊 『キサキの大仏』

日本史上最強の夫唱婦随!
内憂外患の渦巻く天平時代、皇族以外からの初の皇后という重圧に耐えながら、悩む夫を支え、大地震による工事中断を乗り越え、巨大モニュメントの建立によって人々の心に希望の灯をともした女性がいた!
奈良・東大寺大仏が秘める聖武天皇と光明皇后夫婦愛の物語。

児童書初執筆!『日本の神さまたちの物語 はじめての古事記』

編纂されて1300年。話題の「古事記」より。
「天の石屋戸」「稲羽の白ウサギ」など有名なエピソードを厳選、明快な現代語でまとめられた。
個性的でおもしろい神々が、とっても身近に感じられる!
「はじめての古事記」決定版。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

桂文我独演会 in 大須演芸場

森乃 石 松 寄合酒

桂 文 我 魔風

桂 ひろば 狸の化寺

桂 文 我 冬の遊び
       ~仲 入 り
桂 文 我 抜け雀

石松さんの名前から、文我さんのマクラで浪曲トークが炸裂。次郎長物語ダイジェスト。名古屋の「鍋屋町」は、東区、今だと住所は泉になっちゃうのかな?

ひろばさん、楽しい化寺。狐に比して、狸って明るい風情になります。、、、顔が丸いから???

魔風、、、ビル街ではよく吹いてる? うーん、でも天狗さんは、きっと今の街にはきてくれないだろうな。

冬の遊び。客の無茶ぶりに答える仲居さんに幇間。こういうハメモノの入る話はとても好き。

抜け雀。あんにゃもんにゃにちょこれんびんに、おひょろびり??? 上方の罵倒語って楽しい。

帰り道、相方が「次郎長、聞きたかったらうちに音源全部あるよ。。」
えっ???いつの間にそんなの揃えてたの??

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

お酒日誌7/18

ビール

フィズ・フィズ・フィズ、、、っていう名前の、スペインのスパークリング。しゅわしゅわしゅわ、ってことですよね?

芋焼酎 蔵の神 冷凍室より

ただいま格闘中の長編の資料を、友人が送ってくれました。。。ありがたい。早速読みたい、のですが、その前に、この短編、仕上げねば。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

講談教室で椿姫。

月一、神田陽子先生の講談教室。

ミニ発表会~ということで、最近習ったものから、なんでもやって良いです。。と言われ。

「椿姫」(ショートショートバージョン)をやりました。
なんか、、、、わりとウケた。。。。あはは。。。
「アルフレード」「ビオレッタ!」なんてね。。。

ちゃんと覚えてやれば、もっといいんだろうな。。。

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

レーズンサワーケーキ

夏は、バターの多いケーキはちょっと重く感じられる。。けどなんか一つ焼いてみようかな、ということで。



バターを半分にして、代わりにサワークリームを入れて、たっぷりのレーズン。
焼いた後、冷蔵庫で一晩、寝かしてみました。
断面は、こんな感じ。
IMG00508.jpg

もうちょっと酸味が利くと良かったかな。。。レモンピールとかあるとさらに。。。
うーん。何でも試行錯誤です。。。。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

古文書講座 最終回 in 徳川美術館

最終回も、引き続き白根孝胤先生。

慶勝様は、ほんとにいろんな写真をお撮りになっていたんですね。。

会場には、慶勝さまがご自身を撮影された立ち姿のお写真。「等身大」に拡大されてパネルになっていました。
想像より小柄でいらっしゃる。。やはり江戸時代の方だからですね。

慶勝さま所縁の品々の展示は、7/17~9/23。
詳細はこちら。
貴重なお写真なども、たくさん出るようです。楽しみです。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

無事終了御礼

安城市での「古事記を読む」講座、全六回、おかげさまで、無事終了いたしました。
受講生のみなさま、スタッフのみなさまに感謝します。

みなさん熱心。いろんな情報も持ち寄ってくださいました。

後期には、同じく安城市ですが、今度は中央図書館で、別の古典講座を開講します。
このブログでも、また別途ご案内いたします。

テーマ : 東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重)
ジャンル : 地域情報

お酒日誌7/11

ビール えびす

白ワイン いつもの

ベルズ ロック

タクシー(滅多に乗りませんが)に乗ったらドライバーさんが九州アクセントで、、、ということがしばしばあります。ついつい、会話して楽しんでしまう。
ほんの短い距離しか乗らない客なのに、とても親切にしてくれた長崎出身の女性ドライバーさん。ありがとうございました。

さあて。「古事記」の講座はいよいよ最終回。倭建です。。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

聞香

「聞香」というのを、体験してきました。
噂には聞いていたけど、、実物(いろんな意味で)を目の当たりにしたのは、初めてです。

源氏香、というのがあります。文様の名でもあります(昨日は半襟をこの柄のにしていたのだ。。。自己満足おしゃれ。。)。これは、「五種の香り」の聞き分けを、図式化すると、「五四通り」になって、源氏物語の巻の数と同じになるから、らしいですね。「香図」というんだそうです。

昨日のは五種ではなく、「三種香」。。パンフレットに「出典は『宇津保物語』」とあったので、とっさに「琴の音」という香図にヤマを張ってしまったのですが。。

ってことは、「緑樹の林」「隣家の梅」「尾花の露」「孤峯の雪」というあと四つの香図は、何を指すんだ???『宇津保』の他の箇所からなのか、それとも。。???
あー、質問してくるべきでしたねー。
こんなふうに、後から質問が沸いてくる、ってことが、多々あります。
宿題にしとこ。

昨日は、根付師の梶浦明日香さんがおつきあいくださいました。写真などは、梶浦さんのブログでどうぞ。こちらです。

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

お酒日誌7/9

ビール(えびす)

角瓶ハイボール

芋焼酎 田苑 冷凍室より

キタか、名古屋の夏。
鹿児島より暑いのです。しかも我が家はかなり街中。。。道路からゆらゆら~が見えます。
姫と若も暑そうです。。お二人はひたすら涼しいところを探して御座所を移されます。。。ああ今そこが涼しいのね、と思いますが、それらはたいてい、人間には着地できない場所です。。。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

りらっくご vol.13 in 刈谷市総合文化センター

露 の 眞  寿限無

桂あさ吉  鹿政談

桂 南 天  青 菜
   ~仲入り
南天・あさ吉・眞 トーク

おなじみ、りらっくごです。

眞さんは、以前大須で一度聞きましたが、そのときより格段に「らしい」風情になっていて。楽しみです。性別と年齢だけでものすごくウケちゃったあたり、前座時代のこはるさんを思い出しました。

あさ吉さん。お得意の英語落語から、鹿政談。ちょっと「アウェイ感」がありましたよ、、、? だいじょぶなのに。

さて、南天さん。聞き取りやすくパワフルな高座、ますます充実。今季初「青菜」を、とても楽しく拝聴。もう一席聞きたいな、という余韻が、上品かな(笑)

刈谷駅ほぼ直結でアクセスの良い、りらっくご。席亭さんのブログはこちら。 

スタッフ、お客席、双方に着物の女性がものすごく多くて、眼福付の会でもあります。 

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

川柳&馬るこ キテレツ落語会 in じゅうろくプラザ

祭 亭 米 伸 怪傑ビンビン丸

鈴々舎 馬るこ 桃太郎

川 柳 川 柳 映像グラフィティー
   ~仲 入 り
馬 る こ   五人廻し

川 柳     ガーコン

前座さん。度胸だけは、買ってあげる(笑)。

「桃太郎」。。留学生相手の日本語授業。。私もこんな仕事をしていたことがあるので、この感じはよく分かる。こういうの、ネタにするの上手いですね、馬るこさんは。「オージービーフを、オーバーステイの……」って。面白すぎ。「畳語……EXILE!」とか。
「五人廻し」は、過剰すぎる「吉原の由来」がポイント。「現代風俗」を文字通り。

川柳さん。。御歳82だそうです。。。良い声&リズム感だなあ。。。灰田克彦とかの、軍歌じゃない歌もたくさん聴きたいぞ。こういうふうに歳を重ねてこられている人の高座を見ると、「縁起物」という気がしてきます。めでたい。 

意欲的なせいしょう亭さんの落語会情報は こちら。

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

古文書講座 in 徳川美術館 第五回

第五回は、白根孝胤先生の、「古写真が語る徳川慶勝の幕末・明治」

慶勝さまはねー。
面白い方です(モノカキから見て)。
ご苦労なさった方だし。でも、かなりクールでもあるし。
なにより「まにあ」だ。。世が世なら、すごくキレる研究者か、硬派のジャーナリストになられていたのではないかと思います。

弟さんの容保さんの方が、知名度が高いですが。。。でも、私は慶勝さまのほうが、好きですね。
「青松葉」とかのむごいことは、確かにあったんだけど。。。
でも、(こんなこと言うと、会津ファン、八重ファンに反感買いそうですが。.)
慶勝さまの英明なる、大局的なご判断があったればこそ、(お武家さまはともかく)領民の多くが血を流さずにすんだのですよ、尾張、および近隣諸藩は。
もっと知名度が上がって良い方だと、思います。

私は、宗春さまより、慶勝さまの方が好きです。。。ちょっと気むずかしいかもしれないけど。

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

珍事!(痛恨……)

なんと、我が家始まって以来の、珍事!

なんて、もったいないことを……。。。。。。。!!!!!

昨日の、「三三ひとり会」。
チケット、買ってあったのにぃ。。。。
なぜか、私も相方も、すっかり失念していたのでした。
今日になるまで(明日の落語会のチケットを確認するまで)、思い出さなかったのです。。。。。

なんつー。(>_<)。(>_<)(>_<)(>_<)。

相方は、この頃、仕事にイレギュラーなオプションが入ってて、疲れ気味。
私は、ちょっと先日から、子細あって、テンション落ち気味。

これはいけません。。。。。。

人生、ちゃんと楽しまなくては。三三さんの会を見逃すなんて、言語道断です。
スケジュール管理は、しっかりししよう。

明日は、もりだくさんです。しっかり、楽しみましょう。!

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

お酒日誌7/3

ビール

マンサニージャ ラ・サンルケーニャ

じとじとする。。。かないません。
こういう時は、なかなか三味線を手にする気になれなくて。
雨の四季。。。なんていう曲もあるな。。。一度お稽古していただこうかな。

まずは、机の周りを片付けましょう。頭の散らかりを反映しているようです。。。神代、天平、室町、戦国、幕末。。。資料がでたらめに並んでる。。。いかん。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

お酒日誌6/30

シェッファーホッファー このビールはおいしい。。今年のオクトーバーフェスには来るらしいので、楽しみです。

白ワイン インドミタ 

芋焼酎 鉄幹 冷凍室より

近所の神社で「夏越しの祓」。茅輪くぐりをしてきました。
六月は、奨学金返済(年払いをしてます)の季節。。。
今年も、どうにか原稿料の中から返すことができました。感謝です。
いろいろ問題が指摘されてますが。。この制度は死守したいですね。
これと、授業料免除の制度がなかったら、大学も大学院も、とても行けませんでしたから。

でも、若い研究者たちの就職事情はますます厳しい様子。。。「博士号は取ったけど」って、嘆き節が聞こえてきます。私も長いこと教育業界の派遣社員(苦笑)だったので、身に染みてます。「来年度はないんですよ。。」の一言で、バイト探しに奔走して。。。研究の時間がどんどん削られていく。
若い、やる気のある研究者・教育者が、このままだと潰れていきます。。。。どうにかしてくれそうな、政治家さんは、どこにいるでしょうか。。。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR