お酒日誌2/26

紹興酒 ぬる燗でね。。。

竹鶴 ロックで。

作品が二次創作に使われることについて、意見を聞かれました。。個人的には、一度手から離れたものがどう消費されるかは、もう作者のコントロール下にはない、と思っているので、全然気になりません。。(だいたい、私の小説なんてそれ自体が古典文学や歴史の二次創作みたいなもんです、オリジナリティなんておこがましい。。。)とお答えしましたが。
でもね、これは、作り手によってさまざまな見解があるでしょうし、お金が介在すると、またいろんな問題も起きてくるでしょう。。。その都度、きちんと話し合えると、いいですね。。。
最後は互いに「リスペクト」があるかどうか、なんでしょうけれども。。。
なかなか、きれいごとではすまないのかな。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

お笑いまん我道場 in ナディアパーク第一スタジオ

池田の牛ほめ

(十二支の小咄)

吉野狐

~仲入り

餅つき

牛ほめはよく出る話ですが、まん我さんのはあちこちに気配りが行き届いて、ばっちりおかしい噺になってます。文我さんのDVDにも収録されています。
十二支、すべての小咄を順番に。。。これだけで十分、一席分。「ごけっ、こわっ」はよく知ってるんだけど、何度聞いても笑える。ただ今回のヒットは「じゃ!」だった。。。これもアホらしくて相当笑える。
吉野狐、文我さんでも聞いてますが、ほんわかして良い噺です、「で、どうなるの?」と突っ込みたいのは、上方のこのタイプの噺の常ですが、それを言っては野暮天なんですよね。

餅つき。。こういうアホらし馬鹿夫婦(うちもか?)は大好きです。
まん我さんはアホらしい噺を全力でやってくれて、しかも品が悪くならないのが、嬉しいところです。

まん我さんの出演情報はこちら。もう次の名古屋も決まってます、今度は何と2days。5/29、30だそうです。


テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

お酒日誌2/24

限定ヱビス

芋焼酎 鉄幹 お湯割り

ザ・グレンリベット、タリスカー

ご近所にカジュアルなワイン・バーができてる。。。行ってみようかな、と思ったけど、「喫煙可」だそうなので、やめ。。。もったいない。
禁煙のビア・バーやワイン・バー、いくつか見つけているのだけど、いずれもちょっと我が家からは距離が。。もう少し暖かくなったら出かけて行こう。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

鈴々舎馬るこ 独演会 in ナディアパーク第一スタジオ

大安売り

転失気

~仲入り

鮑のし

馬るこさんて、いろいろな「気」を感じさせてくれる落語家さんです。
やる気、その気、才気、山っ気、イケイ気。。。(?)
愛すべき人物造型とスピード感。
えげつなく笑いを取りにきてるのに、全然嫌味じゃなく、むしろすがすがしさを感じてしまいます。
サービス精神いっぱいで、いろんな入れ事があるんですが、噺を壊すことはなくて、ある意味、噺の本質や矛盾を突くようなところがありますね。面白いです。

転失気のオチ、「なむあみだ、ぶー」はすごいな。。。
小坊主さんたちの姿に、悩める前座さんたちの姿が重なって大笑いです。
またぜひ新たな世界を!

はじめ亭さん主催の落語会情報はこちら

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

桂文我独演会 in 中電ホール

鯛 蔵 動物園

文 我 菜刀息子

特別対談 枝雀まるわかり 村上信夫&桂文我

~仲入

まん我 たいこ腹

文 我 代書

菜刀息子は、風情ですね。。。辛口の時代劇の一シーンを見るような。
で、オチはこれかいっ?! ってのが、上方落語らしくて。
代書のフルバージョン。あまり聞く機会がありません、興味津々。
あららこのオチ気が利いてます。私は人前で字を書くのがとってもきらい(←教師だったくせに!)。。。
上手な人の前でなんかだとなおさら。。。身につまされる後半でした。

まん我さんの会も来週月曜にありますね、こちらも楽しみ。

村上さんとの対談、楽しくて聞き応えがあります。
「かけた分しか返ってこないよ」by枝雀。。含蓄のあるお言葉です。
東京と大阪での会がDVDになってます。↓
  

さ、がんばって、「万事きげんよく」!

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

お酒日誌2/20

ビール 限定ヱビスおいしいです。良い香り。。

白ワイン デ・ボルトリ シャルドネ
赤ワイン デ・ボルトリ シラーズ

確定申告クリア。ほっ。。。でも今年はもっとがんばりたいな。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

お酒日誌2/19

芋焼酎 蔵の神 お湯割り

白州でハイボール ロックの時には感じられなかったふわっとしたさわやかな良い香りがします。。おお。

ダークラム

「なぜ、おっさんは上から目線なのか」、、あははこのフレーズ、新書っぽいですね。
どなたか書いてくれるといいのに、このテーマ。初対面の相手に命令形で物言うってどういう日常をお送りなのかな。

この人にならどんだけ上から目線でこられてもお話聞きます、というような素敵な方は、たいてい紳士的ですから、上から目線なんかでは絶対にこないし。そういう人はそもそも「おっさん」ではなく、「おじさま」だし。

デビュー当初から応援してくださっていた素敵な「おじさま」のお一人が亡くなられてそろそろ一年。
「そのお話、早く書いてください」って声が聞こえてきそうです。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

尾張の殿様列伝 その2

尾張の殿様列伝、徳川美術館の原史彦先生のご講義、第二回です。

尾張徳川家 中・後期から幕末までの押しつけ養子時代

将軍家斉さん、て方は。。。
こういうのを「親の因果が子に巡り」というのだな。。。

一四代慶勝さまはやっぱりヒーローだと思うのね。。かなりシブめ、だけども。
待たれ待たれて登場し、いったんは失脚し、でもまた彼の登場を望む人が。。
他のご兄弟も魅力的ですし。

容保さんのお兄様ですよ~みなさん。知名度負けてますけど。
でも、政治的な功績なら負けてないはずなんだがな。。

テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

名古屋長唄大会 in 芸術創造センター

名古屋にお稽古場のある、長唄の諸流派から、素人さんの部、師範の部、それぞれに出演があります。
今年は都合により、夕方から拝聴することに。

自分がお稽古したことのある曲が出てくると、より楽しめます。。。もちろんそうでない曲の方が大半ですが、そういう時は、「次はどの曲をやりたいか?」を考えながら。

「まかしょ」いいな。。喬太郎さんの出囃子だし。

楽しく聞いていたら、番組の合間に、同じお稽古場に通う若いお嬢さんから「先日お渡しできなかったので。。。」とチョコレートをいただきました。。思いがけなくてびっくり。うれしいですね。。。年回り的には「娘」でもおかしくない方なんですが、いつも仲良くしてくださってます。

彼女の出番は、一番最後「神田祭り」。諸流派合同演奏です。ちゃんと暗譜してて、さすがだな。。。
え、自分は?って。。そりゃあ無理ですって。。

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

お酒日誌2/14

ビール

白ワイン(デ・ボルトリ シャルドネ) 赤ワイン(同じくカベルネ・ソーヴィニヨン)

うーんとうとう本郷功次郎さんまで亡くなられましたか。。。
橘さん良かったよね。。長崎弁でね、息子さんとの葛藤がたくさん書き込まれるキャラクター。
あれ、気づいたらご健在なのは吉野さんと桜井さん、紅林さんだけ? 赤レンジャーに仮面ライダーに、元副大臣、だっけ?。。。三人のトーク番組とか、どっかでやってくれないかな。。。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

日経新聞2/13夕刊 縄田一男さん「今週の三冊」

本日の日経新聞、2/13付夕刊「目利きが選ぶ今週の三冊」で、
縄田一男さんが、「キサキの大仏」を取り上げてくださいました。
葉室麟さんの「蛍草」、平谷美樹さんの「藪の奥」と並んでいます。
大変光栄です。

次、さらにがんばらなくっちゃね。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

お酒日誌2/12

ビール 国産大手のビールって、なんで(一部を除いて)こう、ふつうなんだろうか。。

ジムビーム バーボンはあまり好みではない、という認識に至りつつあります。
あの独特の香りを、残念ながら私の味覚は楽しめないらしいんだな。。。

ボウモア スコッチのピーティなのは、悪くないんですけどね。

青柳ういろうのCM、「うぃーあーうぃろー」ってのがなぜか耳について離れない。
今は七つの味ではなく、五つだそうです。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

岐阜でこはるンバ 3 in 岐阜駅前じゅうろくプラザ 第五会議室

鵜飼家 けまり 金明竹……の導入部分。

立 川 こはる 金明竹……続き(笑)。

        蒟蒻問答
~仲入

        花見の仇討

こはるさん三度目の岐阜。このたびは岐阜駅の「南」を探検された由。。。なかなかのミステリーゾーンでありましたでしょう。。。その好奇心と行動力に座布団三枚。

さて、岐大落研女子のけまりさんは、当初からここまでの予定だったのかな? 2/22にはあちこちから「落研女子」が岐阜に集結する由。がんばってくださいね。

で、思わぬ展開に、金明竹は久しぶりと言いつつも、続きをやっちゃうこはるさんがうれしいです。

蒟蒻問答、なかなかあちこちとんがったすごい蒟蒻問答でした(!?)が、そういうのを含めて面白かったりします。
花見の仇討、男ばっかりたくさん出てくるお話ですけど、しっかり運んでてさすが。
これからの変化をぜひ拝聴したいところです。

次回は三遊亭遊雀さんがゲストとのこと。楽しみです。

落語好きを唸らせる企画力で落語会を展開するせいしょう亭さん主催の落語会情報はこちら
喬太郎小せん、とか川柳馬るこ、なんて、どんだけ面白そうなんだ。。。。。楽しみ。
じゅうろくプラザはJR岐阜駅直結で便利。名古屋からもとっても近いです。

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

隅田川馬石 ひとり会 in ナディアパーク第一スタジオ

子ほめ

元犬

~仲入り~

柳田格之進

名古屋での独演会は初めての馬石さん。
丁寧な自己紹介から子ほめ。この辺りはいささか様子見(?)の風情。声がよく通る方です。

元犬、って実はあまり楽しいと思ったことの少ない演目なのですが、今回はとっても面白かったです。犬のキャラ作りが秀逸。マクラでの犬談義からしっかり作られていました。貪欲に笑いを取るというタイプではなくて、噺を聞かせつつ思いも寄らぬところで「くすっ」とさせてくれるあたり、お師匠さんに似ていますね。

柳田。格之進の心理の移り変わりがとっても丁寧に描かれていました。モノカキ的にうなずけることの多い、ポイントの作り方。思わず唸ってしまいます。。。

うーん。白酒さんといい、馬石さんといい。雲助一門おそるべし。人材豊富です。
(あ、でもお弟子さんはあとは龍玉さんだけなんですね)
で、そのお二人ともを名古屋に呼んでくださるお席亭に感謝。

はじめ亭しげたさん主催の落語会情報はこちら
東京落語の「今、おいしいところ」を、しっかり名古屋に持ってきてくださる席亭さんです。


テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

お酒日誌2/7

芋焼酎 蔵の神 お湯割り

白ワイン (デ・ボルトリのシャルドネ)

角瓶ハイボール

カティサーク ロック

ちょっと飲み過ぎたぞ。。。。
と言いつつ、鹿児島の母から「焼酎送ったよ」と電話がありました。酒飲みに寛大な風土に感謝。
今年の夏はちゃんと帰ろう。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

お酒日誌2/5

鉄幹 お湯割り

角瓶ハイボール

白州 ロック

「昔から小説家になりたかったんですか?」と聞かれることがあります。。
うーん。大学生くらいまでは、漠然とそんなことを考えてたことも、ないではなかったかな。。。。
でも、その後はずっと、古典の研究者としてやっていくつもりでした、あくまでも。
ではなぜ?   さあ、なぜでしょう。

うーん。。。

私の研究テーマは、主に女流日記でした。「女と書くこと」っていうテーマ。
物語を読むことと、日記を書くこととの関係なんかを、分析してました。。一応。
そんな研究してたら、いつしか自分が物語を書く側に回っちゃった、ってとこかな。
こういうのをミイラ取りがミイラになるというんでしょうか。
あ、木乃伊っていう漢字の字面、とても好きだな。。。。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

お酒日誌2/3

大須観音の節分に行きました。。やっと春ですね。

エーデルワイス

スパークリング

角瓶ハイボール

ザ・グレンリベット、タリスカー

えっ、団十郎さん。。。。
節分の日に逝かれるとは。。。
お不動さまに、日本中の厄を祓う「助っ人」に呼ばれて、戻って来られなかったのかな。。。
うーん、寂しいこけら落としになってしまうなぁ。。。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

正蔵・喜多八二人会 in 中電ホール

柳家ろべえ 鈴ヶ森

柳家喜多八 粗忽の釘

林家正 蔵 ねずみ

~中入

正 蔵 松山鏡

喜多八 五人廻し

わーい喜多八さんだ! と出かけます。

ろべえさんの鈴ヶ森。少しずつ、「教わったもの」から「自分のもの」に変わりつつある、あたりなのかな。楽しく聞きました。

正蔵さんは人気者。幅広い客層です。分かりやすい2席。

さーて、大好きな喜多八さんです。この「うふふ」感はなんなんでしょうね。一見さりげないようでいて、実はものすごく巧者。愚かしくも愛すべき男たち、キャラのオンパレード。いいですねえ。
 

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

お酒日誌1/31

生ビール

赤ワイン

白州

たまには外食。相方がお疲れ気味です。。。がんばらなくて、いいからね。
二月は落語の予定が多い。。。うれしいな。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR