林家正雀・桂文我 二人会

毎月ほぼ恒例、文我さんの会。

そして、毎年夏の吉例、正雀さんとの二人会。

まん我 寄り合い酒
文 我 馬子茶屋
正 雀 塩原多助一代記
東西対談

中入り

文 我 深山隠れ

本日は珍品だらけ。
まん我さんの寄り合い酒以外は、全部、初めて聞く噺ばかり。

まん我さんは余裕が出てきたのかな。八月末のまん我道場が楽しみです。

「塩原多助」。知識として知ってはいても、聞いたことのない噺ってたくさんあります。円朝が怪談のつもりで書きはじめたけど、結局人情、出世の物語となった、んだそうです。実は明治時代のベストセラーナンバー1は、漱石でも鴎外でもなくて、これの速記本なんだとか。すごい。
正雀さんはたたずまいが美しい方です。歌舞伎役者さんのような。でも、「対談」での師匠・正蔵に関するお話は爆笑されることばかり。「台湾の山猫」は笑った。。。↓こんな本も出された由。

馬子茶屋も、深山隠れも、上方の噺にちょいちょいある「それでおわりかい!」っていうような噺。特に、一大スペクタクル(?!)な深山隠れは、聞き応えありです。「酒呑童子か天草四郎か」みたいな(笑)。

スポンサーサイト

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

お酒日誌7/30

赤ワイン

ビール

芋焼酎 鉄幹 ストレート氷温 そうそう、去年もこうして飲んでたんだった、焼酎。
セブンイレブンは夏でもおでんを置いてくれています。。。落語の後はうれしいな。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

お酒日誌7/29

ビール

赤ワイン

角瓶ハイボール

ボウモア カスクストレンジス これ、パンチあるなあ。。。。甘納豆とおいしい。

暑い、とばかり、言ってもいられません、ね。
津島名物「くつわ」http://www.city.tsushima.lg.jp/index.php?oid=102&dtype=1000&pid=635を買いました。。。理由は。。「なまる先生」と関係があるんですけど、それはまたいずれ。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

現在の名古屋市内。

36ど
数字がそろっても、何も出ない。..
あ、汗とため息は出るか。

**室内(私の机の上)です。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

柳亭市馬 独演会 (毎日落語会)

市也 手紙無筆
市馬 鰻の幇間
~中入り~
市馬 舟徳

土用の丑だし。。と思っていたら、当たりました。
マクラで、お好きな相撲の話をあれこれ。
名古屋場所のお客席の話は会場大爆笑。個人的には「左龍のおっかさん?!」がウケました。
来年の名古屋場所、ぜったい、客席を注意してTV見てみようっと。

呼び出しの美声には、当然、拍手喝采です。

二席目、袴姿で上がって来られた(袴、似合う。さすが剣士)ので、お、これは。。と思っていたら、こちらもあたり。
こういう、「今日は何が聞けるだろう」→「このマクラだとあれかなこれかな?」→「ああこれだ~」っていう、落語の始まる時の感じが、わくわくしてとても好きだったりします。

市馬さんの話はいずれも、嫌味の無い、楷書の、どーんとして揺らがない落語です。
とんでもない人物がとんでもないことしてるのに、意地悪くならずに思い切り笑えます。
お人柄なんでしょうね。プログラムに掲載のインタビューも、とても楽しく拝読しました。

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

源氏物語講座 無事(?)終了

安城公民館での、「源氏物語講座」、昨日無事に(? たぶん)、終えることができました。

受講生のみなさま、公民館の職員のみなさま、ありがとうございました。

源氏の授業は久々だったのと、大学での講義とは全然違う雰囲気(みなさん、とても熱心。やっぱり大人になってから、自分で「知りたい」と思うことって、違うんですよね)だったのとで、きちんと対応できたかどうか、はなはだ心許ないところではありますが。
(実は私が一番勉強になったのかもしれませんね。)

今回は「須磨」まででしたが。。いつか続きをお話できる機会があればいいですね。
また、別の古典作品についても、ご紹介できればと思っております。

安城市在住、在勤の方しか受講できない、ということで、近隣の他の自治体にお住まいの方からも、お問い合わせをいただいたようです。安城市の税金でお世話になっていることなので、もちろんやむを得ないことなのですが、何か、「ひらく」ような方法があったらいいな、と受講生の方ともお話をいたしました。

ともあれ、ありがとうございました。m(__)m。

テーマ : 愛知県の三河エリア情報
ジャンル : 地域情報

お酒日誌7/26

ビール

とうもろこし

すいか

アラン ストレート

夏。

セミ。都会の蝉はたくましい(?)

暑い。。名古屋。でも「岐阜のが暑いよ、実は」と。そうだった、そうだった。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

お酒日誌7/24

ビール

角瓶ハイボール

ブッシュミルズハイボール

わっ。。きたぞ、夏。
景気づけに「山本屋本店」の「スタミナもつ煮込みうどん」だ!

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

名古屋駅名物 ぴよりん

念願のぴよりん。うふふ。こんな感じで箱に。(あ、もちろん、緩衝材や保冷剤も、きちんと入れてありました)
2羽
お皿に載せて、UP。
一羽
後ろ姿(笑)。
後ろ姿
半分食べた断面。ふわふわのスポンジと名古屋コーチン卵のプリン。
甘さ控えめ、しっとりふわふわ、おいしいです。
食べた
ごちそうさまでした。

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

お酒日誌7/22

ビール 一仕事区切りのところで、オクトーバーフェストの最終日へ。
日本のメーカーさんもがんばっていました。富士桜高原、おいしい。

ハイボール。。。ビールのあと、「カラオケ行こうよ」と連れ合い。ほう! ということで、ハイボール片手に2時間。
「戦国鍋TV」のミュージックトゥナイトの曲がほぼ、入ってる。。。ほぉぉ! と。
「たぶん利休七哲」は歌詞とメロディの対応がちょっと難しい。

あとは最近うちでは定番の「生まれる前カラオケ」。大津美子やら李香蘭やら。。。連れ合いはミッチーとあきら。
あ、うちでミッチーと言ったら三橋美智也、あきらと言ったら小林旭です。

スパークリングワイン 帰宅して、夕飯。。でもちょっと飲み過ぎました。。。うーん。
泡物はピッチが速くなるので、気をつけないと。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

お酒日誌7/19

ビール  夏は出番増える。

角瓶ハイボール

スプリングバンク

**NHKの「ドクターG」、面白い。。。
 こんな番組やってるのに、なんだいったい朝のやつは。。。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

なんて素敵にジャパネスク 2 みらい文庫

最新日記はこの記事の下です。。。



みらい文庫版の「なんて素敵にジャパネスク」、いよいよ「2」です。
前回「1」では解説を書かせていただきましたが、今回は巻末に付いている「ジャパネスク事典」などの
「監修」担当として、お手伝いさせていただきました。
読み返すとやっぱり面白いんですよね。。

親子二代で(どうかすると三代で?!)お読みいただけたらと思います。
みらい文庫の頁はこちらhttp://miraibunko.jp/book/koi/book011/

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

名古屋暑い。

↓私の机の上で計ってみました。7/19、15:00を少し過ぎたところです。34.9,って(笑)。潔く35を越えてしまえ、もう。
IMG00260.jpg
↓若さまは暑くて訳が分からんそうです。。
IMG00261.jpg

扇風機を出しました。「夕飯を食べるまでは、冷房を極力使わない」方針なのですが。
どこまでいけるかな。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

お酒日誌7/18

ビール

赤ワイン

グレンリベット

*暑い。。。名古屋暑い。。。たぶん鹿児島の方が涼しいんだろうなぁ。。。
 冷房が嫌いだったはずの姫が、ここ数日、エアコンを付けるとすぐにその部屋へ来る。ねこだって暑いのよね。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

岐阜でこはるンバ 1 

談春さんの惣領弟子、こはるさんの「勉強会」。
「なぜ岐阜」と言われるそうです。確かにね。でもこちらの落語好きには有り難い限り。
せいしょう亭さんの企画力に感謝。

最初に、洋服姿のこはるさんが出てきて挨拶をされたのでちょっとお客さんはびっくりしつつもなんか楽しい気分に。理科系女子学生だったと後で聞いて、なんとなくあのさばけた風情が理解できたような。。。続いて見せた、男着物の羽織姿、大変キュート。プロフィール拝見したら想像より年齢はかなり上でなおびっくり。

れもん亭雫冰 (京都産業大学) 看板のピン
立川 こはる  真田小僧
        転 宅
 ~中入り~
   こはる  おっと。
        3席目の演目は、のげシャーレでの会が終わるまでは、書かない方が良いみたいです。
        また後日。
   質問タイム

二席目が終わったとき、私たちの前に座っていた年輩の男性(よくあちこちの落語会で見かける紳士)が、「いやあ、この子、うまいねえ!」と感嘆の声を上げて、連れ合いに同意を求める笑顔。いやいや、ほんと、おっしゃるとおり。小柄な女性なのに、声のトーンも張り具合も、まったくそのハンディを感じさせない迫力、適度に人を食った雰囲気。程の良い自虐と自慢。才気をコントロールする勘。
やっぱりね、あの師匠を選んで、ここまでやってくる肝の据わり方、ただものではないと思う。
「男前」なこはるさんです。

今後がとっても楽しみな会。

続きを読む

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

甲山落語会~古今亭菊之丞独演会

大好きな菊之丞さん。。だけど会場が私の行動範囲じゃないからむりだなあ。。。 と思っていたら、思いがけず有り難いお誘いをいただいて、連れて行っていただきました。感謝。

入船亭辰じん 真田小僧
古今亭菊之丞 舟徳
~中入り~
伊藤夢葉   マジック
菊 之 丞  幾代餅

辰じんさんは声がよく通って聞きやすい。抽選会の司会もそつなくて楽しませてくれました。
夢葉さん、先日の右太楼さんの会に続いて。展開は分かっていても、こういうマジックは笑えて良いです。

菊之丞さんは「若旦那」に「花魁」で、たっぷり。女性の台詞を言っている時に、客席から何とも言えぬざわめきみたいな気配が立ち上がるので、いかに艶っぽいか、分かります。
ぜひ「品川心中」とか、あんまり「たちの良くない」女郎の話が聞きたいな。

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

お酒日誌数日分まとめ・オクトーバーフェスト

すみません、横着で。

名古屋では、栄の広場で「オクトーバーフェスト」が。
二度、行きました。夕方早めに行って、ドイツビールとともに、日暮れ。

ベルギービールの時に比べると、ビールもつまみも、1杯、1皿の量が多く、単価も高いので、あまりあれこれとは楽しめないがちょっと。。。ですが、開放的な感じが楽しいです。

落語をたっぷり聞いた後のビールはおいしいです。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

お酒日誌7/12

ビール

赤ワイン・白ワイン(これ、一本ずつ全部飲んだという意味ではありません、念のため)

角瓶ハイボール

アラン これなかなか良い。付いてきたグラスもかわいい。

*九州の雨を心配しつつ。うちの方は、一番すごい降りはちょっと逸れた、ぐらいかな、でもきっとかなり降っているんだろうな。
*不肖の娘でごめん。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

お酒日誌7/11

角瓶ハイボール

芋焼酎 鉄幹 お湯割り

ダークラム

グレンリベット

*名古屋は今日から「オクト-バーフェス」(7月だけど)が始まっているはずなんですが。。。
 この空模様では残念な。
 晴天の下でがーんとビールを飲みたいな。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

オール讀物7月号

**最新記事はこの下です。**

本業のお知らせです。

(やっと言えてうれしー!)

6/22発売のオール讀物7月号
(目次はこちらhttp://www.bunshun.co.jp/mag/ooruyomimono/index.htm)に、
拙作「ならのかんぬし」掲載されております。

「稽古屋音四郎」シリーズ、第二話です。
(実は「シリーズ名」がまだ確定しないのです。「稽古屋日記」「稽古屋音四郎」とか、うーん。)
今回は、音四郎さんが役者をしていた頃に起きた、朋輩役者による「金持ち逃げ事件」の顛末。

歌舞伎、落語好きの方には、固有名詞にあちこち、にやりとしていただけるかもしれません。
もちろん、そうでない方には、どうしようもないと思いつつも、惚れた男のそばにいたい女の情け、叶わぬ夢をあきらめて日常を生きようとする男たちの悲哀を、味わっていただければ、と思っております。
どうぞよろしく。m(__)m

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

お酒日誌数日分まとめ

・右太楼さんの会の帰り、会場で連れ合いが隣り合わせた紳士から「軽く一杯いかがでしょう」とお誘いいただき、岐阜駅前で寄り道。実は柳ヶ瀬よりこっちの方がにぎやかな居酒屋通りがあるんだよね。三人で右太楼さんに乾杯。こんなのも良いものです。

・市馬さんの会の帰り。名駅で今話題のKIRIN一番搾りフローズンを体験。冷たいしゃりしゃりビール、なかなか面白いですが、ただビールの味としてはどうなのかな。。。好みの問題でしょうが、普段からヨーロッパ系のコクのあるビールが好きな方なので。。夏のお楽しみとしてはいいかな、という感じです。

・昨夜はゆっくり(でもないか)いつものように自宅でふぅ~。
毎度言っておりますが、グレンモーレンジィはおいしい。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

柳亭市馬 独演会 第五二回へきなん落語

市也 手紙無筆

市馬 片棒

 ~中入り

市馬 笠碁

ちょいと遠征。

市馬さんはおおらかでいいです、気持ちよく聞けます。
片棒ではご自慢の音曲系が満載。お祭りマンボも出ました。
いいね!

笠碁は好きですが。。。市馬さんのご隠居は優しい感じがするしね。

ただ、どうも最近多い気がする、のはなぜでしょう?
地方にいると、落語家さんたちの「噺の選び方」にどうしても一定の傾向が出ます。
長く続く落語会、ってのを、気長に待つしか、ないようです。

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

柳家右太楼 らくごライブ その20

実力派二つ目、きちんとした手を抜かない芸風が魅力の、右太楼さんのご当地ライブです。

右太楼 だくだく
     蔵前駕籠
~中入り~
伊藤夢葉 奇術
右太楼 藪入り

アットホームでとても良い会です。
右太楼さんはあちこちの落語会でお見かけましますが、「自身の会」というのは少ないので、この会は貴重。

だくだくの後半の運びがリズミカル。馬鹿話を楽しく聞かせます。
蔵前駕籠もぽんぽんと。「女郎買いの決死隊」、大笑い。あまり、最近高座で聞かない話で、楽しく拝聴。

夢葉さんのマジックは爆笑のうちに。「ムチ」はマジックでは使わないんですね(笑)。

ネタおろしの藪入り。とても良かったと思います。
「自分も二人の子の親で。。」とのことでしたが、一方で、客席は半分くらいが右太楼さんのことを「息子」と感じているような雰囲気。そんな、会場に溢れた情感を、うまく自分の話に取り込めていたのではないでしょうか。

そろそろ真打ちでもいいような。小三治会長! いかがでしょう?

でも、真打ちになるとこの会なくなっちゃうの? そんなことおっしゃらずに、続けてくださいな。
次回は11/17だそうです。

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

お酒日誌7/5

ビール

赤ワイン

グレンモーレンジィ ネクタードール

ザ・グレンリベット(15)

アラン

**やっとお酒がおいしくなるほどに快復。梅雨時の風邪引きは冬とは違ううっとうしさ。

エッセイって言うかコラムって言うか小ネタっていうか。。みたいなものを1本仕上げ(今月下旬に告知します)。仕事が次の仕事を連れてきてくれる、ということがこの頃よく起きてます。ありがたいありがたい。
さ、今日は一転。「神話の世界」だぞ。。。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

お酒日誌、ではなく。

ごろたくんだっこ

飲んでなかったわけではないのですが。。。
風邪を引くと、おいしく味わって飲む、って感じにならなくて、つまんないですね。
その為にも(何の為だ)、健康管理をせねば。

さて、先日、若を獣医さんへ。
「元気ですねー」って。無事ワクチン接種もできました。
足も異常はないようです。足袋、ずいぶん慣れました。。。なしだと足先がすぐ傷になってしまいますから。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

りらっくご Vol.10

月亭  八斗 「四人癖」
桂  米紫 「秘伝書」
桂  南天 「茶金」
中入り
豊来家玉之助 太神楽
抽選会

こごろう改メ南天襲名とりらっくご10回目。
席亭さんのお人柄で、いつも暖かい気持ちになる会です。

南天さんは、良い意味で上方っぽくない、硬質な感じを含んだ高座をする人だなあと思います。
台詞とか、キャラの立ち方に、嫌味がないんですよね。
今後も楽しみ。
あ、私玉之助さん、はじめて見ましたが、この芸風はかなり好き(笑)です。。
抽選会。。。この手の、って当たったことがない。。。今回も。
「一期一会」=これっきり(笑)、欲しかったな。

良い会なのに、会場側との折り合いが難しいそうです。。。。
うーん。行政の人って、全然エンタメについて分かっていない人が、多いからなあ。。。

席亭さん、ファイト! いつも応援しています。

テーマ : 落語
ジャンル : お笑い

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR