告知板 2017年版(2/27更新)

**お仕事関係の告知板です。日記の最新は、この次からをご覧ください**

ブログ訪問、ありがとうございます。
奥山景布子と申します。小説家です。
歴史物、時代物、書いております。どうぞよろしく。

New!! 「恋衣 とはずがたり」文庫になって再登場。
3/22、中公文庫より発売です。
とはず表紙
長らく、入手困難となっておりましたが、このたび、
装いも新たに 中公文庫から刊行されることになりました。
  上皇の寵姫から流浪の尼へ――波瀾万丈の生き様を綴った母の日記。
  実母の素性を初めて知った娘は、
  母とは対照的に、平凡な 「家の女」として日々を過ごし、
  そろそろ老境にさしかかろうとしていた――。
  母の赤裸々な告白の書を娘はどう受け止めるのか。
  母、娘、それぞれの「女の生きざま」とは……。
巻末には、『<悪女>論』など、魅力的な論考でおなじみの
中世文学の研究者、田中貴子先生(甲南大学教授)が解説をお寄せくだ さいました。
単行本を未入手の方は、これを機会にぜひ。
どうぞよろしくお願いいたします。
*3/18(土)、毎日文化センターにおいでくださった方には、
発売日よりちょっとだけ早く、ちょっとだけお得に
(消費税分割引。本体価格680円にて)販売させていただきます。


New!! 奥山景布子の文学講座、この春より、名古屋駅の毎日文化センターにお目見えいたします。
今期テーマは 「王朝の恋模様~女と男と+α」 
  王朝の恋というと、男が歌を詠みかけ、女が返事に迷い……
  という「雅な光景」が、典型的なものとしてまず想像されるかもしれません。
  しかし、物語や日記といった古典文学に描かれている恋の景色は、
  時に思いがけないものによって彩られ、思わぬ様々な展開を見せてくれます。
  そうした「恋模様」から読み取れるのは、千年前も現代も変わらぬ、恋する人々の悲しみ、喜び、愚かしさ……。
  本講座では、そんな恋を彩る「+α」に注目して、王朝人のあやにくな心の動きに迫ります。

お試し1回講座「源氏物語を楽しく読む~「猫の縁(えにし)」
3/18(土)11:00~12:30

4月スタート本講座  全6回 第1・3木曜 13:00~
(4/6、4/20、5/18、6/1、6/15、6/29)
1、女に言えない、男の本音
2、光と闇が映し出すもの
3、童(わらわ)の役割
4、父の恋人
5、母の恋人
6、妖しき僧侶
お試し講座のお問い合わせ、お申し込みはこちら、本講座は、こちらのHPから可能です。
電話番号、所在地は↓のとおりです。
毎日文化センター  tel 052-581-1366 fax 052-581-0747
名古屋市中村区名駅1-2-4 名鉄バスターミナルビル10階


New!! 今年もやります、古川美術館 文学講座。
今期テーマは 「悪女と呼ばれた女たち(上代・中古編)」

4月12日(水)孝謙天皇~なぜ二度も即位?――「女帝」の素顔と生い立ち
5月 2日(火)染殿后~なぜ僧侶に魅入られた?――「物の怪憑き」の后の周辺
6月28日(水)和泉式部~なぜそんなにモテた?――「魔性の女」の技と正体
各 日  10:30~12:00/13:30~15:00
場 所  古川美術館 3階会議室
人 数  各日・各時間35名  
お問い合わせは古川美術館こちら  tel 052-763-1991 名古屋市千種区池下町2丁目50番

名古屋市文化事業団の機関紙「なごや文化情報」に、インタビュー記事を掲載していただきました。
ぶんか情報1 ぶんか情報2
(クリックしていただくと大きくなります。また、こちらからなら全頁ご覧になれます)
新人賞いただいたときの写真やら、「たらふくつるてん」落語会の写真やら、仕事場の写真やら。
いろいろ掲載していただきました。
まとめてくださった山本直子さん、事業団の岩田さん、ありがとうございます_(_^_)_。

以下、既刊のご案内、新しい順に。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

たらふくつるてん [ 奥山景布子 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/1/4時点)


「この男が落語を生み出さなければ、
今の我々の幸せはなく、今の我々の苦しみもなかった」(柳家喬太郎師
「喜怒哀楽がしみこんだ人情味たっぷりの土から、「咄」という名の新芽が次々顔を出す。 
寄席に行きたくなります!」(ミムラさん
*第22回中山義秀文学賞最終候補作品。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

音わざ吹き寄せ [ 奥山景布子 ]
価格:1782円(税込、送料無料) (2017/1/4時点)


 「落語のうまみもギュギュッとつまった作品揃い。 
いつか演じてみたいな、奥山さんの『新作落語』」(立川志の輔師

   
(「太閤の能楽師」:本屋が選ぶ時代小説大賞2014最終候補、歴史時代作家クラブ賞作品賞最終候補、
 「びいどろの火」:第15回松本清張賞最終候補)

 
(「源平六花撰」:第78回オール読物新人賞受賞作「平家蟹異聞」所収)

続きまして、集英社みらい文庫。
若い世代に古典と歴史と物語を!の精神で、書き続けております、どうぞよろしく。

       




スポンサーサイト

テーマ : 時代小説
ジャンル : 小説・文学

今朝の毎日新聞です。

毎日新聞3/14-2
告知いただいております。ありがとうございます。<(_ _)>。

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

文学講座 in 毎日文化センター 

毎日文化センターでの講座、HPからお申し込みができるようになりました。

3/18(土)の お試し1回講座は
こちらから

4月から始まる本講座(全6回)は
こちらから

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

話芸集団 ぶれさんぽうず 

デビュー作の「源平六花撰」は、ありがたいことに、
なぜか、「音」にしていただく機会に恵まれているようです。

以前には、NHKの「新日曜名作座」でラジオドラマにしていただきましたが……。
NHKラジオのHP

で、再来月、四月には、東京でこんな公演が↓。
ぶれさんぽうずチラシ

「冥きより」、私の脳内イメージでは、
歌舞伎の「熊谷陣屋」と能の「隅田川」がコラボして
できた作品でした。

「ぶれさんぽうず」は、「ブレス & ポウズ」だそうです。
蜘蛛の糸に祭文……濃厚な空間になりそうですね。
楽しみ、楽しみ。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

「山三と阿国」 オーディションがあります。

名古屋市文化振興事業団さんとなぜご縁ができたかといいますと。
実は、昨年の「ミュージックマン」、今年の「白馬亭にて」に続く
来年の主催公演は、
なんと私が書き下ろしたミュージカル「山三と阿国」だからなのです。。。。

お話いただいたときはほんとーにびっくりぽんでございました。
小説家です、私。お芝居観るのは大好きですけど、
脚本なんて、書いたこと、ないですよ???
ほんとーに私でいいんですか?????
(あ、講談の台本は書いたことあります。でも、あれは基本、
 一人でやるものですから)

おまけにミュージカルだなんて。
なになに、歌詞も台詞も、書くんですと???……(゚o゚;
(あたりまえだ)

いやいや、名古屋市文化振興事業団さん、チャレンジャーです。

作曲はなんと 大島ミチルさんです。
天地人 に ごくせん の方ですよ!!!
んでもって、演出はテアトルエコー永井寛孝さん。
音楽監督は西野淳さんです。
なんとまあ良い思いをさせていただけることか。

山三と阿国 オーディション告知
この企画、キャストはオーディションで決まります。
詳細は、事業団さんのHP(ここ)で発表されますので、我こそはという方、どうぞ、ふるってご参加を。

……あ、言っておきますが、オーディション、私には何の権限もございませんので、
「インサイダー取引」はできません(笑)、ご了解ください。


テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR