告知板 2017年版(3/29更新)

**お仕事関係の告知板です。日記の最新は、この次からをご覧ください**

ブログ訪問、ありがとうございます。
奥山景布子と申します。小説家です。
歴史物、時代物、書いております。どうぞよろしく。

「恋衣 とはずがたり」文庫になって再登場。
中公文庫より発売中です。
とはず表紙
長らく、入手困難となっておりましたが、このたび、
装いも新たに 中公文庫から刊行されることになりました。
  上皇の寵姫から流浪の尼へ――波瀾万丈の生き様を綴った母の日記。
  実母の素性を初めて知った娘は、
  母とは対照的に、平凡な 「家の女」として日々を過ごし、
  そろそろ老境にさしかかろうとしていた――。
  母の赤裸々な告白の書を娘はどう受け止めるのか。
  母、娘、それぞれの「女の生きざま」とは……。
巻末には、『<悪女>論』など、魅力的な論考でおなじみの
中世文学の研究者、田中貴子先生(甲南大学教授)が解説をお寄せくだ さいました。
単行本を未入手の方は、これを機会にぜひ。
どうぞよろしくお願いいたします。

今年もやります、古川美術館 文学講座。
今期テーマは 「悪女と呼ばれた女たち(上代・中古編)」

*すでに満席に近い回もございます。参加ご検討の方はお急ぎください。

4月12日(水)孝謙天皇~なぜ二度も即位?――「女帝」の素顔と生い立ち
5月 2日(火)染殿后~なぜ僧侶に魅入られた?――「物の怪憑き」の后の周辺
6月28日(水)和泉式部~なぜそんなにモテた?――「魔性の女」の技と正体
各 日  10:30~12:00/13:30~15:00
場 所  古川美術館 3階会議室
人 数  各日・各時間35名  
お問い合わせは古川美術館こちら  tel 052-763-1991 名古屋市千種区池下町2丁目50番

名古屋市文化事業団の機関紙「なごや文化情報」に、インタビュー記事を掲載していただきました。
ぶんか情報1 ぶんか情報2
(クリックしていただくと大きくなります。また、こちらからなら全頁ご覧になれます)
新人賞いただいたときの写真やら、「たらふくつるてん」落語会の写真やら、仕事場の写真やら。
いろいろ掲載していただきました。
まとめてくださった山本直子さん、事業団の岩田さん、ありがとうございます_(_^_)_。

以下、既刊のご案内、新しい順に。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

たらふくつるてん [ 奥山景布子 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/1/4時点)


「この男が落語を生み出さなければ、
今の我々の幸せはなく、今の我々の苦しみもなかった」(柳家喬太郎師
「喜怒哀楽がしみこんだ人情味たっぷりの土から、「咄」という名の新芽が次々顔を出す。 
寄席に行きたくなります!」(ミムラさん
*第22回中山義秀文学賞最終候補作品。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

音わざ吹き寄せ [ 奥山景布子 ]
価格:1782円(税込、送料無料) (2017/1/4時点)


 「落語のうまみもギュギュッとつまった作品揃い。 
いつか演じてみたいな、奥山さんの『新作落語』」(立川志の輔師

   
(「太閤の能楽師」:本屋が選ぶ時代小説大賞2014最終候補、歴史時代作家クラブ賞作品賞最終候補、
 「びいどろの火」:第15回松本清張賞最終候補)

 
(「源平六花撰」:第78回オール読物新人賞受賞作「平家蟹異聞」所収)

続きまして、集英社みらい文庫。
若い世代に古典と歴史と物語を!の精神で、書き続けております、どうぞよろしく。

       


スポンサーサイト

テーマ : 時代小説
ジャンル : 小説・文学

目次公開 古川美術館 文学講座 「悪女と呼ばれた女たち(上代・中古編)」その2 染殿后

文学講座 看板
5/2開講分、(今回はいつもと違い火曜日です、お気を付けください)
目次公開いたします。

染殿后~なぜ僧侶に魅入られた? ~「物の怪憑き」の后の周辺

0、イントロダクション~「悪女」ってなに?
  0―a、「歴史」として判明する染殿后とその周辺

1、説話世界から見た染殿后~「今昔物語集」より

2、「平家物語」から見た染殿后

3、「とはずがたり」から見た染殿后

**ありがたくも申し訳ないことに、現在、キャンセル待ちをお願いしております。
  詳細は、古川美術館(こちら) 052-763-1991 へお問い合わせください。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

文学講座 in 岩倉市生涯学習センター

岩倉市生涯学習センター看板
岩倉市生涯学習センターで、こんな講座をさせていただきます。
お問い合わせ、お申し込みはこちらまで
岩倉市民の方でなくても、お申し込みいただけます。
名鉄・名古屋市営地下鉄鶴舞線岩倉駅から徒歩2分。
楽しい時間を、ごいっしょに=^_^=。

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

目次公開いたします~古川美術館 文学講座

文学講座看板

いよいよ来週12(水)から始まります、新年度の文学講座。
目次公開いたします。

平成29年度 古川美術館 文学講座 
前期テーマ「悪女と呼ばれた女たち(上代・中古編)」その1

孝謙天皇~なぜ二度も即位? ~「女帝」の素顔と生い立ち
0、イントロダクション~「悪女」ってなに?
0―a、女帝という存在
0―b、孝謙の「評判」
1、なぜ、いかに即位したか
1―a、安定しない皇位継承(系図参照)と、藤原氏の台頭
1―b、皇位継承ルールとは
2、天皇、上皇、そして、もう一度天皇に~その足跡
2―a、側近の変化と仏教との関係(=両親の影響)
2―b、皇位継承はどうすべきだったのか~永遠に出ない結論と史料の限界 
3、光明子、阿倍内親王の歌(いずれも万葉集より)

*ありがたいことに、すでにキャンセル待ちが発生しております。
ただ、状況によっては、当日にお入りいただけることもございますので、
詳細は、古川美術館までお問い合わせください。

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

重なる日。

あれこれ、重なってしまう日、というのは、あるもので。

先日の文学講座「猫の縁」には、ご常連の皆様(いつもありがとうございます<(_ _)>)にくわえ、
遠方からご参加くださった方が。

伊勢から来てくださったというお母様とお嬢様。
楽しんでいただけたでしょうか。

さらに、なんと遠く埼玉から!
ご自身でも文学講座の講師をなさっていらっしゃる、柳町敬子氏。
こちらのブログ
わざわざありがとうございます。
お仕事を退職なさって後に、大学院へいらしたとか。
同志、、って勝手に思ってしまいます。。。

さてこの日は、その後、お稽古事の「下ざらえ」のために、さる場所へ。
これは、もうちょっとしたら本番をこちらでもご報告します。
うふふ。。。大須演芸場で、唄います(^_-)-☆。

で、実は行きたかったのがこの会。
成金2017.3.18

一人で参加の相方から聞いたネタをこちらへ。

『大名古屋成金』 -昼の部-
~落語芸術協会 ニツ目競演~ in 中電ホール

オープニングトーク
桂 宮治    「道灌」
春風亭 昇々 「産まれる!」
神田 松之丞 「宗悦殺し」
仲入り
瀧川 鯉八   「長崎」
柳亭 小痴楽 「花見の仇討」

いいなぁ。。。また来てね、名古屋。
あ、鯉八さんは、5/13に岐阜へ来るのですね(情報はこちら
楽しみにしています。

テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR