ある日の、二姫。

友人の送ってくれた写真。
飼い主以外には分からないのでしょうけれど、
飼い主以外の人が撮ってくれた写真って、やはりどこか違って、新鮮なのです。

6/6-1 6/6-2 6/6-5 6/6-6 6/6-7 6/6-8 6/6-9 6/6-10 6/6-11 6/6-12 6/6-13 6/6-14 6/6-15

おまけ(^_-)-☆。
6/6-3 6/6-4
スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

大姫と豆苗

CMでやってる「のびーる」というやつ……。
やってみました。確かに。次の鍋にでも入れましょうか。
豆苗
……と思っていたら、数カ所、明らかに「かじった」痕が。

犯人は……。
まわた2017年10月24日
大姫はいろんな葉っぱに興味をお持ちになるのです。
乳母やは油断ができませぬ。お腹を壊しまするぞ。

豆苗ならたぶんだいじょうぶかなと思うのですが、
時々、飾ってあるお花の葉っぱなども「がじっ」とされては、
「まずっ!(`へ´)」っという態度をお取りになります。
だからかじってはいけませぬと申しておりましょうに。

大姫は納豆もお好きです。いつも7粒ほど、糸と戦いながら召し上がります。
おせんべいもお好きですね、そういえば。
えびせんべいなんて、袋開けた途端に走り寄っておいでになります。
そういえば、乳父やのおつまみのするめも、大姫がよく奪っておいでになります。。。

ちい姫はそういうものには全然ご興味がないようです。
カリカリとお魚に限るんですって。

あ、でも、お二方とも、ヨーグルトはお好きですね。。

ねこって、不思議です。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

似ている何か?

うみうしあずさ1
ぽちゃちい姫の後ろ姿……。
相方「何かに似てると思わない?」 私「何? 何かな?」
相方「……ウミウシ」 私「……!(爆)」

ちょんとつつくと、こうなります。
うみうしあずさ2

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

大姫の大冒険。

諸事情ありまして、今、我が家の周囲には作業用の足場が組まれております。
かつ「作業のため、網戸は外し、日中は窓を開けないでください」と……。

これ、なかなか過酷でございます。。早く終わるといいのですけれど。
(しかもあと数日はエアコンも使えないのです、、室外機を外されております……(>_<)

で、せめて、と思って夜、ちょっと窓を開けておりましたら……。
なんと、大姫が、一瞬の隙をついてお忍びのお散歩に!
(ぽちゃこのちい姫には絶対無理な芸当です)

足場が気になっていたのでしょうね、探検にお出かけになってしまったのです。。。。
乳母と乳父がはっと気づいたときには、階下のお宅のベランダに迷い込んで身動き取れず!!!

大慌てで階下のお宅へ事情をお話に伺うと、とても快く、すぐに大姫をキャッチして、
引き渡してくださいました……ほっ💨。

油断禁物。心して、窓を開けずに我慢の、乳母と乳父です。
お散歩大姫

さてさて、昨年小説すばるに掲載していただきました「鈴の恋文」、
文藝家協会編の「時代小説 ザ・ベスト2017」に再録いただいております。
ありがとうございます。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

大きさの違い?

おすましわた お立ち台あずさ

だいたい同じポーズの写真が。
んー、でも、ちい姫のぽちゃぶりはあんまり伝わりません=^_^=。
写真に写るのがうまいのかな。。(乳母やにも教えて)

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR