FC2ブログ

片山能 & 渦の中の女たち



DSC_1528.jpg DSC_1529.jpg DSC_1531.jpg
また更新が遅れております。。。。

こちらは、9/23に伺った二つの会。
京舞、お能、そして、野心的なコラボレーション。
もりだくさんな一日でした。

渦の中の女たちにご出演の華房小真先生は、私の師匠。
なんといいますか、「とどまる」ということのない、パワフルなお方でいらっしゃいます。(*^_^*)。

スポンサーサイト



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

玉三郎舞踊公演 in 御園座

DSC_1499.jpg
はぁ……。

ため息が出るような時間。
「秋の色種」、習ったことがあるはずですが。。。こんな素敵な曲だったっけ?
って思うほど。

美しうございました。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

星の子鉄幹 & さばのゆ

鉄幹1 鉄幹2

自分の書いたものが演じられるというのは、不思議な感じです。
もう自分の手からは離れてしまっているのではありますが、かといって、まったく客観的に見聞きできるわけではないし。

ああした方が良かったのかな、こういうこともできたのでは?。。。などなど。
今更遅いじゃん。。。と自分でつっこみを入れつつ。

演者の皆様、スタッフの皆様に、感謝。

なんとも、濃密な時間。

野間さんの方は、すっかりリラックスして聴き入ってしまいました。

今回はあまりに暑かったので、しもきた以外はほとんど出かけなかったのですが、
経堂にある「さばのゆ」さん(こちら)、に伺ってきました。
拙作『圓朝』のサイン本、作らせていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。

そして、ありがたい東京土産。
DSC_1457.jpg

このさば缶、おいしい。。。!

それから、バチ型の根付け。
実は私の一番メインで使っているUSB(この中にはここ4年くらいの原稿が全部入っています)には
こんなのがついていて。
DSC_1478.jpg

よし!! 原稿、増やしましょう!!!





テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

浄瑠璃を聴く 野澤松也 in 名古屋市東文化小劇場

DSC_1442.jpg DSC_1443.jpg
弾き語りの浄瑠璃。
いろいろ、発見がありました。

私の作中寄席「清洲亭」には、弾き語りの女義太夫が出たり、
二人組の新内語りが出たりしておりますが、
(一応、時代考証はそれなりにちゃんとしているつもり
 。。。よーく読んでくだされば分かります。。
 まあ別にさらっと読んでもらえればうれしい作品なので、
 あまり作者があとからあれこれ言いたくないのですが、それでも 時々
「あのー、せめて解説、読んでくれませんか?」って言いたくなることもあったりするので。。。)

現代の寄席に、女義や新内が出ることは今のところほぼなさそう。。
ちょっと残念な気がします。
松也さんもおっしゃっていたとおり、もっと身近にあったらいいのにね、
とつくづく思うのでした。

企業の偉い方々が、余技に謡や仕舞い、浄瑠璃やら、長唄やら、端唄、小唄やら……
昭和の頃にはそんな良い時代もあったそうなのに。。
いまみんなゴルフなんだな。。。

私が歌舞伎を一番頻繁に見ていた頃は、政治家の姿を客席に見かけることが
よくありました。。近頃はどうも。。??
ゴルフに恨みはないんだけれど、
「その時間とお金、ちょっと芸事にも費やしてみません?」って言いたくなることも。

落語議連ができたのは歓迎です。。
「単に遊説の参考にしているだけでは?」って批判している人もあるようですが、
だいじょうぶ、ちゃんと落語を聴いたら、そんな下心なんてどこへやらで、
はまること、間違いないから。

おしゃべりが過ぎました。。。
松也さん、またぜひ名古屋で聴かせてください。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

ジョニーウォーカーと鉄輪

週末、急に飛び込んできたウイスキーの宴のお誘い。。。
ジョニーウォーカーの飲み比べですって。。へえ面白そう。。
DSC_1405.jpg DSC_1406.jpg DSC_1407.jpg
ラベルの写真撮ってくれば良かったのに。。。(楽しすぎて忘れた)
シングルモルトのくらべっこってのはやったことがありますが、ブレンデッドでもいろいろ違っておもしろい。
夕方4時からの呑兵衛さん、できあがり。

伏見蒸溜館さん。ここ
バーのモーニングって、面白いですね、そのうち行ってみましょう。

翌日は、こちら
DSC_1408.jpg DSC_1409.jpg

宝生流の衣斐愛さんの会。
メインは鉄輪。仕舞の蝉丸とはなるほど、「陰陽師」つながりか……。(*^_^*)。
謡曲の本って、読み出すと止まらない。。「物語の種」の宝庫。

若い能楽師さんたちががんばっているのを見ると、うれいしな。


テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR