鈴本演芸場中席(夜) & こまつ座「たいこどんどん」

たいこどんどん 鈴本小せん

小せんさんが鈴本でトリ! ということで、なんとか東京へ行きたいぞ!
と画策。
折も折、喬太郎さんがお芝居で主演、しかも井上ひさし脚本!!

もうこれは弾丸濃密ツアーをするしかない、ということで。

「たいこどんどん」 in 紀伊國屋サザンシアター
コメディタッチで進むのですが、ディープでホラーな作品だと思いました……。
いろいろと、打ちのめされ。
井上作品もう一回読み直して勉強したい、って、心から思った……。
喬太郎さん、たぶん現時点で他の方は誰も考えられないほどの、はまりぶり。
やっぱりすごいなぁ、この方は。

お芝居の怖いところは、「楽しむ」と同時に「打ちのめされる」ことがしばしばあること。
良い刺激なんですけどね。
どーんと(太鼓だけに)きてしまったところへ、一朝さんの笑顔がしみる……。。。
ダーク広和さんもチャーミングだなぁ。。

で、お待ちかね、小せんさん。
「弥次郎」!
もうなんというか、こちらの気分にぴったり!!!
小せんさんの良いお声、きれいな所作、軽みと爽やかさ!!!
素敵な法螺噺です。
そうか、この噺、フルで聴くとこんなに長いのか。。でも全然飽きない、どころかずーっと聞いていたいなぁ。。。

小せんさんが深々とお辞儀をした緞帳の向こうに「よっ、えらい!」っていう喬太郎さんの声が聞こえた気がした。
……幻聴、です。
濃い1日でございました。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

喬太郎 白酒 ラクゴ新世界 in 電気文化会館

ラクゴ新世界2 ラクゴ新世界(喬太郎白酒)

桃月庵ひしもち 転失気

桃月庵白酒 浮世床

柳家喬太郎 縁切榎
              ~仲入り
喬太郎 ウルトラのつる

白酒 死神

この会は何がどうしても行きたい、という、喬太郎さんのラクゴ新世界。
今回は、白酒さんがゲストかつトリの特別バーション。

ひしもちさん、きっちりやってます。。がんばれ!

浮世床。同じネタでもやる人によって……の良い例かも。
腹筋が痛いよっていうくらいの大爆笑。
テンポがよくって次から次。

縁切榎。こういう噺、好きだなぁ。。。
にやにやします。
喬太郎さんの「裏表や癖のありまくりの女」「情けない男」。
どことなく、「ハンバーグができるまで」に通じる世界かと。

でたーウルトラのつる。
うちにも特撮、ウルトラ好きが一人いるもんですから。
レオは西武戦で、アストラは阪神戦だったのか……!

死神は、噺としてはちょっと微妙だったりするのですが、
白酒さんのは秀逸でした。オチはどこだ! こうきたか!
元気で生気に満ちた死神(!)に、大爆笑。

ああ、笑えて嬉しかった。

**このところ諸事情により、3月の落語会レポがUPされておりません、
だんだん載せます、すみません<(_ _)>。
(米團治、成金、市馬、扇々喬々……に伺いました)

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

満員御礼&満開堪能

仲入り。楽屋でのスリーショット(顔に緊張が……)
楽屋にて
スタンバイ……松之丞さんの表情がお茶目でかわいい。
 座談会横顔2 座談会横顔1
          本番中、袖からの図。

柳家 あお馬 子ほめ

神田 松之丞 中村仲蔵
               ~仲入り
座談会 柳家 小せん 神田 松之丞 奥山 景布子

柳家 小せん 品川心中

本当に大勢のお客さま。ありがとうございました!
お一人ずつにゆっくりとお礼を申し上げられなくてすみませんでした。
また、私がばたばたしていて、「写真を」のご要望にお応えする時間がなかったり。
いろいろと、至らなくて申し訳ありません。m(__)m。

season2,只今鋭意執筆中。なにとぞよろしく。

無事終わってほっとしたところで、毎年桜が咲いたら、若のお墓参り。
行きのバス停の上に金鯱を発見! いつから載ってる? 気づかなかった……。
バス停に金鯱? 若の墓前2 若の墓前池 若の墓前
遠方の友人が、大須演芸場に届けてくれたお花の中から、数本取らせていただき、ちいさな花束にして持参。
椿と桜 山崎川南 椿1 山崎川北 花筏 花トンネル 水鳥 花びらふきだまり 春花3役
花のトンネル、花筏、水鳥。
桜ももちろん好きですが、この時期は木蓮や椿もきれいです。。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

「『寄席品川清洲亭』出版記念落語会」自由席チケットをお持ちの方へ。

2階自由席のチケットをお持ちの皆様へ。

当日17:00から、入り口付近で整理券を配布いたします。

ご入場は、整理券の番号順になりますので、ご了承ください。


付記:読売新聞(3/24)に取り上げていただきました。(*^_^*)。
清洲亭(新聞)

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

桂宮治独演会 in シネマスコーレ

いかん、写真がない……。

すっかり人気者の、宮治さん。

権助芝居/親子酒

紺屋高尾

いっぱいのお客様。
飽きさせない、達者な宮治さんです。

ただ、笑点ネタは、なんか、もういいんじゃないかな、って思うのは、
こちらがすれっからしになってきた証拠かな。。。。

兼好さんとの二人会がある由。
軽快で危険な、毒舌パーティを、期待してます。
プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR