FC2ブログ

告知板2019版(7/17更新:文庫新刊告知)

**お仕事関係の告知板です。日記の最新は、この次からをご覧ください**

ブログ訪問、ありがとうございます。
奥山景布子と申します。小説家です。
歴史物、時代物、書いております。どうぞよろしく。

・お待たせしておりました寄席品川清洲亭シリーズ第三巻
おかげさまで無事刊行の運びとなりました。タイトルは「づぼらん」

各話タイトル、今号もちゃんとやらかして(!)おります。
また、今号には素敵なおまけが!(←一番喜んでいたのは作者本人)。
こんな帯がついておりまして。
づぼらん見本1
フジテレビの阿部知代さんとのツーショット。
このたび、巻末には阿部さんとの対談が掲載されております。
そちらもどうぞ、お楽しみに。


・オール讀物7月号に「二本松の姫君――『葵の残葉』余話」掲載されております。
 慶勝公の正室、矩姫さまと、茂栄公の正室、政姫さま、そして今も徳川美術館に伝わる、小さなお人形たちにまつわる物語です。

二本松の姫君扉

・集英社みらい文庫の拙作、ほぼ全作電子書籍化いたしました。
この機会に、ぜひm(__)m。
(*「戦国ヒーローズ!!」のみ、諸事情により遅れております、ご容赦のほどを)

単行本最新刊「圓朝」、どうぞよろしくお願いいたします。

 圓朝表紙い
(帯アリは右をご覧ください。菊之丞師匠、ありがとうございます)

落語関係、こちらも引き続き。「清洲亭」の3も只今準備中です。(夏までには。。)
・「すててこ 寄席品川清洲亭二」発売中。
(解説 一/末國善己さん、二/細谷正充さん)
版元さん作成の動画はこちらから見られます。
 

・江戸落語の祖、鹿野武左衛門の一代記「たらふくつるてん」は、こちら。

こちらの帯は喬太郎さんとミムラさん。贅沢(*^_^*)。

・昨年、新田次郎文学賞&本屋が選ぶ時代小説大賞をちょうだいした「葵の残葉」はこちら。
尾張徳川家一四代当主慶勝公とその弟君(一橋茂栄、松平容保、松平定敬)たちの物語です。

こちらで御縁のつながった浅見ハナさんは、「圓朝」の装丁画もご提供くださいました。

      

・児童書、集英社みらい文庫でもいろいろ書いています。今年も企画目白押し、乞うご期待。
        

*原稿等についてのお問い合わせ、ご相談は
hime661107@yahoo.co.jp
までいただければ幸いです。
スポンサーサイト



テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

星の子鉄幹 & さばのゆ

鉄幹1 鉄幹2

自分の書いたものが演じられるというのは、不思議な感じです。
もう自分の手からは離れてしまっているのではありますが、かといって、まったく客観的に見聞きできるわけではないし。

ああした方が良かったのかな、こういうこともできたのでは?。。。などなど。
今更遅いじゃん。。。と自分でつっこみを入れつつ。

演者の皆様、スタッフの皆様に、感謝。

なんとも、濃密な時間。

野間さんの方は、すっかりリラックスして聴き入ってしまいました。

今回はあまりに暑かったので、しもきた以外はほとんど出かけなかったのですが、
経堂にある「さばのゆ」さん(こちら)、に伺ってきました。
拙作『圓朝』のサイン本、作らせていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。

そして、ありがたい東京土産。
DSC_1457.jpg

このさば缶、おいしい。。。!

それから、バチ型の根付け。
実は私の一番メインで使っているUSB(この中にはここ4年くらいの原稿が全部入っています)には
こんなのがついていて。
DSC_1478.jpg

よし!! 原稿、増やしましょう!!!





テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

今年のお迎えは。


若さま、六度目のお盆。

今年のお迎えのお使者は

ガヴァドンBと、ドラコ。

丁重に、お願いしますね。


テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

浄瑠璃を聴く 野澤松也 in 名古屋市東文化小劇場

DSC_1442.jpg DSC_1443.jpg
弾き語りの浄瑠璃。
いろいろ、発見がありました。

私の作中寄席「清洲亭」には、弾き語りの女義太夫が出たり、
二人組の新内語りが出たりしておりますが、
(一応、時代考証はそれなりにちゃんとしているつもり
 。。。よーく読んでくだされば分かります。。
 まあ別にさらっと読んでもらえればうれしい作品なので、
 あまり作者があとからあれこれ言いたくないのですが、それでも 時々
「あのー、せめて解説、読んでくれませんか?」って言いたくなることもあったりするので。。。)

現代の寄席に、女義や新内が出ることは今のところほぼなさそう。。
ちょっと残念な気がします。
松也さんもおっしゃっていたとおり、もっと身近にあったらいいのにね、
とつくづく思うのでした。

企業の偉い方々が、余技に謡や仕舞い、浄瑠璃やら、長唄やら、端唄、小唄やら……
昭和の頃にはそんな良い時代もあったそうなのに。。
いまみんなゴルフなんだな。。。

私が歌舞伎を一番頻繁に見ていた頃は、政治家の姿を客席に見かけることが
よくありました。。近頃はどうも。。??
ゴルフに恨みはないんだけれど、
「その時間とお金、ちょっと芸事にも費やしてみません?」って言いたくなることも。

落語議連ができたのは歓迎です。。
「単に遊説の参考にしているだけでは?」って批判している人もあるようですが、
だいじょうぶ、ちゃんと落語を聴いたら、そんな下心なんてどこへやらで、
はまること、間違いないから。

おしゃべりが過ぎました。。。
松也さん、またぜひ名古屋で聴かせてください。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

三三と左龍の会 in 愛知県芸術劇場小ホール

本日はこちら。


夏のご馳走!! って感じの会でした。
左龍さんの顔芸に、涙が出るほど笑わせていただきました。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

九雀の名古屋十二夜 in 円頓寺レピリエ 最終夜「地獄八景亡者戯」


九雀さんの十二夜、最終夜。
閻魔さまの前で芸を披露する踊り手さんと曲独楽もあったりして、楽しい夜。

落語は最終夜なのですが、同時にこれは前夜祭でもあるようです。
今日からは「噺劇」が始まるとのこと。

九雀さん、引き出しがいっぱいありそう。。
またいろいろ、見せて(魅せて)いただきましょう。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

九雀の名古屋十二夜 in 円頓寺レピリエ(その2) +雷門獅鉄


二度目の参加。

飛び入り(?)で、雷門獅鉄さんの「大安売り」も聴けました、ラッキー。
地元期待の新人さんです、名古屋のみなさま、ぜひ応援を。

九雀さんの「埴輪盗人」、以前に聴いたのは名古屋市博物館。
「懐中電灯の灯りとともに台車に乗った埴輪が……」のくだりが本当に傑作。
思い出して何度も笑えます。

茶の湯の「茶碗縦回し」も大笑い。茶道って、いろんな意味で奥が深い(笑)。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

九雀の名古屋十二夜 in 円頓寺レピリエ

本日はこちら。
 DSC_1425.jpg

こういう会、もっとあったらいいのにね。
楽しい会です(あと2回くらい行こうと思ってます(*^^*)

帰りについ、これを買っちゃった。。。(*^_^*)
DSC_1424.jpg


テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

玉川太福独演会 in 岐阜市文化センター

本日は、こちら。
DSC_1412.jpg たまだい

太福さんの、声はもちろんですが、豊かな表情や仕草にもとっても心惹かれます。
そして、三味線! いいわぁ、みね子先生。

太福さんの会、今、もっともいろんな人を誘いたい会の一つです。
次回も、楽しみ。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

ラジオ出演のおしらせ(7/28)

7/28、東海ラジオの「らじおガモン倶楽部」(8:10~8:25)に出演いたします。
パーソナリティは森本曜子さん。
こちらの番組、三度目です。森本さんのおかげでいつも楽しくお話しさせていただけます。
ありがとうございます。
さてさて、明日はどうなっていることでしょう……?

東海ラジオの番組表はこちらからご覧ください。

遠方の方で、ご興味のある方は、ぜひ radiko(こちら)からどうぞ。

リスナープレゼントに「清洲亭シリーズ全三巻揃・すべてサイン入り」を出しますので、良かったら応募してくださいませ。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR