FC2ブログ

『圓朝』×オースのジョー6 出版記念落語会、やります!

圓朝チラシ

またやるの? と呆れた声が聞こえてきそうですが。。。

このたびは、菊之丞師匠の定例独演会「オースのジョー」が、私の出版記念にお力を貸してくださることになりました。

ゲストには、「落研の青春~てんしき杯」でパートナーを組んでくださった、紙切りの林家二楽師匠をお迎え致します。

3人で「怪談」をテーマにちょっとした座談会もさせていただく予定です。

もちろん、書籍の販売、させていただきます。
大勢のご来場、お待ち申し上げます。
どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

1月の落語会 & 新刊「圓朝」書影

ブログちゃんと更新しますと言っておきながらこのありさま(^-^;)。。
すみません。

一月に伺ったのは

金原亭馬久 独演会 in 青少年文化センター(ナディアパーク)第一スタジオ

鮑のし/そば清
          ~仲入り
井戸の茶碗

大らかでイイ感じです。気持ちよく、まっすぐ、落語。

そして翌日は。

ラクゴ新世界 scene 29 in 電気文化会館

柳家小太郎 唖の釣り

柳家喬太郎 宗漢
            ~仲入り
喬太郎 「牡丹灯籠」より 発端「刀屋」

わーい\(^O^)/圓朝師の作で喬太郎さん。
年頭からラッキー。

で、その翌々日は。

落語教育委員会 in 中電ホール

歌武蔵、喬太郎、兼好 コント

三遊亭じゃんけん 阿弥陀

喬太郎 残酷な饅頭怖い

歌武蔵 宗論

兼好 井戸の茶碗

喬太郎さんの、そして誰もいなくなったテイストの饅頭怖い。
饅頭と最中、どっちが怖いかな・・?

1月はこんな感じでした。
あ、本当は初詣の代わりに鈴本演芸場も行ったのですが。。記録なし。
菊之丞さん、二楽さんに会いたくて行ったのだ! 

というわけで、ようやくブログで公開、書影です。

圓朝表紙い 圓朝表紙ろ

いい絵でしょう? 「葵の残葉」と同じ、浅見ハナさんの画。デザインは山影麻奈さんです。
で! 菊之丞師匠の推薦文。。贅沢だなぁ。。ありがとうございます。

書店店頭には2月の下旬から並ぶと思います。
ネット書店各店では、予約始まっております。
どうぞよろしくm(__)m。

**出版記念落語会もございます! 数日中に情報公開いたします。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

遅まきながら、あけまして。

野性時代表紙
ずーいぶんお久しぶりの更新です。
訪ねてくださっていた方、申し訳ありませんでした。

奥山景布子史上初の、「締め切り惑星の4直列」という事態に直面し、
この12月、1月は非常事態宣言を出しておりました。。ようやく、解除。

報告が遅れましたが、新刊「圓朝」(中央公論新社)は、2月20頃発売予定(書影はもうちょっとお待ちを)。。

最新短編は「小説野性時代」2月号(1/11発売)掲載「太郎庵より」。
こちらは、「葵の残葉」スピンオフ、御土居衆けいの物語です。

去年は途中から落語会レポもくじけてしまいましたが、今年はなんとか再開したいと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

ぼちぼち、トップ頁も更新しなくちゃ。

告知板 2018年版(9/2更新)

**お仕事関係の告知板です。日記の最新は、この次からをご覧ください**

ブログ訪問、ありがとうございます。
奥山景布子と申します。小説家です。
歴史物、時代物、書いております。どうぞよろしく。

・拙作が「語り」「朗読劇」に。
「新景鰍沢」は「小説すばる」(2108二月号)掲載の作。
「星の子、鉄幹」は、ぶれさんぽうずのために書き下ろした作です。
(チラシ、クリックしていただくと大きく表示されます)
ぼてふり表 ぼてふり裏
星の子、鉄幹チラシ 星の子、鉄幹チラシ裏

・「すててこ 寄席品川清洲亭二」発売中です。
(解説 一/末國善己さん、二/細谷正充さん)
なんと! 版元さんが動画を作ってくださいました。こちらから見られます。
 

・津島市立図書館では、私の特集コーナーを作ってくださいます。
うれしいです! お近くの方、良かったら足をお運びください。ネットからも見られます。ここからどうぞ

・朝日新聞 7/11朝刊に掲載されましたインタビュー、デジタル版でも読めるようになりました。
こちらからどうぞ(#^.^#)。(青の文字をクリックしてください)
デジタル版、紙面では出ていなかったところも出ています、お読みくださったらうれしいです。

*「葵の残葉」、第37回新田次郎文学賞を賜ることになりました。
 感謝で一杯です! まずは、ご報告までm(__)m。

*「秀吉の能楽師」(中公文庫)発売中。

 「太閤の能楽師」から改題、装いも新たに。解説は縄田一男さんです!!


*平成29年度愛知県芸術文化選奨、文化新人賞を賜りました。
応援してくださっているみなさんのおかげです。ありがとうございます。
詳細については、愛知県のHPこちらをご覧ください。

集合写真1 知事さんとツーショット(近景)



既刊単行本、まずはこちら。

城山先生の衣鉢を継ぐ、なんて大それたことは言えませんが、
「冬の派閥」刊行から35年、
続々と発表された研究者の方々の新しい論考をがっちり取材、
時間掛けて咀嚼して消化して、慶勝さまをはじめ、
ご兄弟四名のお殿様たちの味わった苦悩を、浮き彫りにしたつもりです。
どうぞよろしく。

以下、さらに既刊のご案内、新しい順に。

     
(「太閤の能楽師」:本屋が選ぶ時代小説大賞2014最終候補、歴史時代作家クラブ賞作品賞最終候補、
 「びいどろの火」:第15回松本清張賞最終候補)

  
(「源平六花撰」:第78回オール読物新人賞受賞作「平家蟹異聞」所収)

続きまして、集英社みらい文庫新刊は「西郷隆盛」。
「幕末ヒーローズ!!」からのスピンオフ。

「ヒーローズ!!」では割愛してしまった西郷のエピソード満載。
かつ、時代背景を分かりやすく書かせていただきました。

以下はみらい文庫既刊。
若い世代に古典と歴史と物語を!の精神で、書き続けております、どうぞよろしく。

       

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

徳川コーラ!


到来ものを開けたら、なんと!
贈り主は、みらい文庫のパートナー、RICCAさん。ありがとうございます。

たまにはコークハイでもいただきましょうか。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

五郎太と筆之助 清洲亭の猫神さまたち

指輪=^_^=2 指輪ねこ1
五郎太は、本当はオッドアイ設定ですし、筆之助も目は金としましたので、ちょっと違うのですが。
でも、この2にゃんに助けてもらいましょう・・清洲亭。

本物の五郎太さまは、こちら。
五郎太君
 筆之助の本物にはまだ出会ってません。。どこかにいるかしら。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

重版御礼~4刷出来! 葵の残葉 &これから飲む酒

葵4 葵の4の1
帯、新しくなりました(*^_^*)。
改めまして、書店員のみなさまに、感謝申し上げます。
刊行からそろそろ一年。
こんなに受け入れてもらえるとは正直思っていなかった。。。ありがとうございます。

日本のワイン
到来物は、日本のワイン。楽しみです。


テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

本屋が選ぶ時代小説大賞 in オール讀物12月号(2018)

本屋が選ぶ。目次
ありがたい賞をいただきました。

候補の他の御作も、ぜひ。時代物って一言に言いますけど、
幅も懐も深ーいのが、実感できます。
(この中で、よく私が受賞できましたね。。なんだか感慨深いです)

選考過程で「読み終わった後、この写真を見ながら酒が飲める」とのコメント、
「寄席品川清洲亭」が好きなので、(「葵の残葉」的な路線だけでなく)そちらも続けてほしい」とのコメント
などなど、ありがたくありがたく拝読しました。

新田次郎文学賞の選考委員、諸田玲子先生の「太鼓橋雪景色」や、
NSK(名古屋書店員懇親会)仲間で、同じく鈴木輝一郎師門下でもある、
水生大海さんの「私のための本を」も掲載されています。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

これから飲む酒 その2

乾さんのシャンパン2 乾さんのシャンパン1

遠方の友より来たる。

乾さんありがとう!!!

年に一度会えるかどうかのお友達。オール讀物新人賞の、一年先輩です。
ってことは、もう10年余になるのですね、互いにデビューして。
本当に、ありがとうございます。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

初物

栗きんとん1 栗きんとん2
今シーズン初、栗きんとん。
他地域の方には、「きんとん?」と思われるでしょうが、岐阜名物栗きんとんは、おせち料理に入っているきんとんとは全然違う、栗そのものの味わいです。
とりわけ、今年はじめてのこちら。
英子さんのお手作り。。めっちゃ、栗。香ばし、うま。
ごちそうさまです。=^_^=。

テーマ : 歴史小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

おくやまけふこ

Author:おくやまけふこ
愛知県生。小説家。
名古屋大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。
大学教員などを経て、2007年、第87回オール讀物新人賞受賞を機に作家デビュー(受賞作は『源平六花撰』に所収の「平家蟹異聞」)。
名古屋市在住。
家族は夫と猫二匹。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR